漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【ムルシエラゴ-アラーニャ-】感想ネタバレ第1巻まとめ

漫画アプリ『マンガUP!』にて連載中の『ムルシエラゴ-アラーニァ- 』第1巻あらすじネタバレ。

MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ- BYPRODUCT -アラーニァ- 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

MURCIÉLAGO -ムルシエラゴ- BYPRODUCT -アラーニァ- 1巻 (デジタル版ヤングガンガンコミックス)

 

依頼人の善悪に興味はない――数キロ先からの狙撃を成功させ、悪人からの依頼も金次第のスナイパー・朽葉怜子――。隻腕の元地下格闘家・桃山照美を従え、欲望と暴力にまみれた様々な”殺し”の依頼が彼女を待ち受ける――!!

目次

第1話 大手ゼネコン会社"下鴨建設"
第2話 中国マフィア"黒社會"①
第3話 中国マフィア"黒社會"②
第4話 中国マフィア"黒社會"③
第5話 中国マフィア"黒社會"④

本編あらすじ

朽葉怜子は下鴨建設経理部の社員から、下鴨建設の所得隠しの証拠を集めて自身を強請ってきた髙嶋邦広の殺害を依頼される。取引当日、2人きりで会うという依頼人との約束を破り召集した大勢のヤクザと共に金を奪いにきた髙嶋邦広だが、依頼を受けた怜子と桃山照美によりヤクザは全滅。髙嶋邦広自身も殺害され、不正の証拠が入ったディスクも照美によって回収された。

f:id:manga-diary:20200228160717p:plain

依頼完了後、依頼人は残りの依頼料を回収しに来た怜子を部下と共に待ち伏せ、殺害を試みるも怜子の早撃ちによって部下は全滅、自身も致命傷を負う。その後満身創痍の状態で車に乗り込み、怜子を轢き殺さんとするも照美の蹴りを車体に受けて吹っ飛ばされ、車もろとも爆死した。

f:id:manga-diary:20200228160657p:plain

朽葉怜子は久多跡中華街で黑社會(ヘイシャーホェイ)の幹部・龙(ロン)から、前首領の王建を殺害し、組織への反乱を行なった下部組織『黒桃』の首領・梁浩然(リャンハオラン)の殺害を依頼される。梁浩然が雇ったとされる誰も姿を見たことがない半ば都市伝説のような謎の暗殺者・斑蛇(バンシヲ)の存在に注意するように忠告される。

性欲を持て余している組織のボス・カオリに誘われ、朽葉怜子がクンニでイカす。そこに黒桃から送られてきた刺客に急襲される。刺客は「斑蛇(バンシヲ)の毒は既にに打ち込まれている」との言葉を残し逃げようとするが朽葉怜子によって倒される。

怜子・ロン・カオリたちは黑社會の幹部・虎(フー)とともに別の場所にある秘密のアジトに移動するため外に出ると、アジトは既に敵に包囲されていた。怜子は自分たちの動きが読まれていることから内通者の存在を考える。

f:id:manga-diary:20200228160633p:plain

怜子の発案により黑桃のアジトにしている屋敷へ正面から直接攻め込むこととなる。照美は小型ボートを片手で投げ入れ、大胆にも玄関から突入する。怜子・マリア・ロン・給仕係の4人と、フーと照美の2人の二手に分かれて屋敷を捜索する。

フーと照美は屋敷内にいる敵を倒していくと女装した梁浩然が登場。すぐさま倒そうとするが、梁浩然の横にいたバンシヲと呼ばれる男が立ちふさがった!

その頃、怜子たちは首領カオリのミスで、怜子は一人で別行動をすることになってしまった。ロン・カオリ・給仕係たちはロンが中心に敵を倒していたが、ロンは仲間であるはずの給仕係に刀で胸を貫かれてしまった!?

***感想・評価・考察***

ヤングガンガンで連載中のムルシエラゴのスピンオフ作品。ボスの名前は本編では登場しませんが、アラーニァ1巻とムルシエラゴ12巻同時購入特典で明らかになっています。

第1話と第2話で弔村鴇の妹の撫子が火災事故で朽葉怜子に助け出されるシーンと、助けられたものの一酸化炭素中毒で昏睡状態が続き植物状態になっていることが明らかになっています。