漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【カリスマ】感想ネタバレ第4巻(最終巻・最終話)まとめ

2004年から2006年まで漫画アクションで連載していた『カリスマ』最終巻4巻の最終回(最終話)を含めた感想ネタバレまとめ。結末(ラスト)はいかに!?

カリスマ : 4 (アクションコミックス)

カリスマ : 4 (アクションコミックス)

 

神と崇められし男に跪く無数の迷い人…神とは希望の光を与えし聖人。そして時に、絶望の闇を与えし俗人。カルト宗教の闇に迫る戦慄の黙示録。血の海の中で少年は、神への復讐を誓った!新堂冬樹の大ベストセラー作品のコミック化!

目次

第27話 既視感
第28話 決壊
第29話 溶解
第30話 焦燥感
第31話 爆弾
第32話 失墜
第33話 衰退
第34話 神とならん
第35話 メシア
第36話 紅蓮
最終話 神への復讐、そして

カリスマの本編あらすじ

f:id:r-akiba0703:20170121054623p:plain

側近の氷室に間山千夏を殺すよう指示する神郷。大学時代に間山と同じ学部にいた氷室は彼女に惚れており、教徒であった彼女を追って入信したが「完全なる解脱を遂げた」と説明され、間山は氷室に殺される。

間山の死体は大蛇に飲み込ませる神郷。蛇の消化器官は動物の体毛以外、骨も歯も全て溶かしてしまうため死体処理を大蛇にさせていた。間山の夢にうなされる神郷。

その頃、城山は脱会カウンセラー『覚醒会』の武石に妻の麗子の洗脳を解いてほしいとお願いしていた。数あるカルト教団の中でも『神の郷』から受けた洗脳を解くのは最も困難なため成功率は20%以下だと語られる。「我々と共に死ぬ気で闘いましょう」強い洗脳を解くためには家族の協力が不可欠になり、様々な犠牲を強いられる。

家では子供にマントラと呼ばれる祈りの儀式を強制している麗子。ロープで縛り付け拘束し、武石に依頼する。麗子は椅子に縛り付けられながら神郷の幻を見ている。武石たちに洗脳を解くことを任せて城山は妻と離れて暮らす。

一方、『悟りの会』参加者の入信手数料を受け取る神郷だが、入信者の中に城山麗子がいないことに気づく。麗子を脱会カウンセラーに奪われてしまい苛立つ神郷。瀬野からとんでもない連中が神の郷を糾弾しているためテレビを見てほしいと言われる。テレビをつけると、そこには瀬野の姿があった。

瀬野は『神の郷』現役教団幹部であるが、実は脱会カウンセラー覚醒会から送り込まれた潜入スパイだったことが判明する。ひそかに修業室におかれたテレビからは、これまでの神郷の自堕落な生活と美人な信者との淫らな行為が映し出されていた。その映像を見て動揺する神の郷の信者たち。

さらに幹部の間山との淫らな行為や殺害したことを隠していた神郷だったが、命より大切であるはずのメシアの神影(写真)がバッグから見つかり、嘘がばれてしまい教団は内部崩壊する。放送直後に出家教徒のほとんどが教団を去り、自宅でテレビを見た在家教徒達も次々と脱会を始めた。教団は一週間で2870人から38人に激減する。

地位も名誉も財力も失った神郷だが、麗子には最後まで執着する。武石の手下を尾行して監禁場所をつきとめた神郷は麗子を奪還させる。麗子を取り戻すために教団に乗り込む一行。「私の神はあの人だけよ!」と叫ぶ麗子。走り出した先は助けに来た夫ではなく、三蔵をメシアを呼ぶ麗子。

三倉は神郷の両親を狂わせた教団の親玉だった。佐代子(神郷の母親)からメシアと呼ばれていた男だった。あの事件の後、警察の捜査から逃れるために地下に潜伏し、ほとぼりが冷めたらまた新たに教団を立ち上げるべく密かに準備していた。

ところが二十年ほど経った頃、突然現れて急激に勢力を伸ばし初めていたのが神の郷だった。本来は『神の郷』の成長を見守り太らせておいてから乗っ取るつもりだったが、佐代子と瓜二つの麗子を知ってから、教団乗っ取りを中止して教団を破滅に追い込むことにした。 「この女を誰にも渡すわけにはいかない」

三倉は「君の手で神郷を殺せ」と岩山に言う。その間にガソリンを撒く武石。しかし殺す覚悟がない岩山。代わりに武石が殺そうとするが、氷室が投げた包丁が喉に刺さり致命傷になって武石が死ぬ。氷室も武石に発砲され死亡する。

三倉は拳銃を拾うが玉切れだった。神郷は三倉を倒し、麗子を奪おうとするが、白石が止めて暴れる。「俺が麗子のカリスマだー!」部屋にあったロウソクが倒れ、ガソリンに引火する。巻き込まれる神郷。城山は麗子を連れて逃げるが火の中から追ってくる神郷。

最終話

火の中から飛び出してきた神郷。間一髪で部屋から脱出した城山は扉を閉ざす。扉にタックルするが出られない神郷。「全ての不幸はお前から始まった」出られないと分かると神郷(岡崎平八郎)は三蔵を巻き込む。「ぐあああああっ!」

そして2年が経過…。平凡ながら平穏に暮らす城山一家。「大丈夫よ心配しないで。もう二度と妙な宗教には関わったりしないわ」「私にとって一番大切なものは家族の愛だとわかったんだもん」

谷川総合病院。「この二年間で約三百人の入信者を確保できていますし、教団再建の準備も整っておりますが…」「他に何か指示はございますかメシア」「ある。城山麗子の奪還だ」全身ヤケドを負いながら生きていた神郷!野望は終わらない!