漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【め組の大吾】魅力・あらすじ・登場人物を第1巻から10巻までネタバレ紹介!

週刊少年サンデーで連載していた曽田正人による『め組の大吾』の第1巻から10巻までの魅力・あらすじ・登場人物をお伝えしたいと思います。

め組の大吾(1) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(1) (少年サンデーコミックス)

 

朝比奈大吾は18歳の新米消防官。幼い頃に火事に遭い、消防士に助け出された体験をもっていた。高校卒業後、半年間の消防学校研修を経て、配属されたのが、めだかヶ浜出張所。火事がめったにないところだから「おめでたい」という皮肉もあり通称『め組』。

だが、初仕事で生死の境をくぐった大吾は、五味所長をはじめ『め組』の先輩たちが、鍛え抜かれたプロ集団だったことを知り、自分もまた真のプロになろうと心に誓う。そんなある日、隣接する鯨台出張所との境界で連続放火が発生。消防学校の同期生・甘粕のいる鯨台と競り合い、火消しの誇り『現場一番乗り』を果たしたが…。 

め組の大吾(2) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(2) (少年サンデーコミックス)

 

朝比奈大吾が配属されためだかヶ浜出張所は、火事がめったにないという事から、めでたいめ組と笑われる平穏な職場だが、初仕事で大吾は五味所長をはじめ、め組の面々が鍛え抜かれたプロ集団であることを知る。

自分も真のプロになろうと心に誓った大吾だったが、やや張り切り過ぎ。それでも一歩ずつ本物のプロを目指す大吾の姿に先輩たちの期待は大きくふくらむ。

そんなある日、増水した川の警戒に出た大吾のもとにライバル甘粕が、子供を救うため川に飛び込んだ、との報が入る。流されてゆく二人を見た大吾は、五味所長の制止を振り切り、自らも激流の真っただ中へ! 

め組の大吾(3) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(3) (少年サンデーコミックス)

 

ある晩、建築中のビルが停電。老守衛・田中は、顔見知りの消防官・大吾を呼び出す。だが、そこで大吾が見たものは、昼間に保健所から逃走したトラの姿だった!命がけでトラを捕獲した大吾だったが、その一件がマスコミの批判を浴び、新聞で叩かれるはめに…。 

め組の大吾(4) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(4) (少年サンデーコミックス)

 

消防官の日常から解放され、支局の慰安旅行で温泉にやってきため組の一行だが、宿泊先の旅館で火災が発生。大吾は宿泊客の救助に向かう。煙に追われ、退路を失った大吾たちは、階上の一室へ避難。

しかし、他の宿泊客を残し、大吾は一人窓の外へ跳躍。隣のベッカンに飛び移る。残された人間を見捨てたかのような大吾の行動。その真意は!?

め組の大吾(5) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(5) (少年サンデーコミックス)

 

ある日、臨時の補充要員として救急隊に回った大吾だったが、救急病院に搬送した傷病者の容体が急変。緊急の病院転送が行われる。だが、一刻を争う中、峠道での事故で救急車が大破。搬送手段を失った大吾は、自ら傷病者を背負い、山の斜面を全力で駆け降り病院へ向かう。決死の人力搬送により傷病者は病院に無事収容。任務を全うした大吾は、会心の眠りにつくのだった。

め組の大吾(6) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(6) (少年サンデーコミックス)

 

ある日、高架道路の玉突き事故に管外出場しため組。必死の救助活動のなか、大吾は高架脇のビルの屋上に異変を感じ取る。屋上で転落寸前の大型クレーンを発見した大吾は、小型車両でクレーンを牽引。自らの命を危険にさらしながらも、みごと転落の阻止に成功。だが、特救隊員(レスキュー隊員)の神田はそんな大吾の行動を非難。大吾は神田を見返すため、難関・特救資格試験を受けようと決意するが…。

め組の大吾(7) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(7) (少年サンデーコミックス)

 

試験前日の夜、め組の管内で山火事が発生。大吾は現場で一人の少女を保護したものの、強風による延焼で退路を失い山頂へ避難。山頂で煙に囲まれ、大吾たちは絶体絶命。しかし、突然降りだした大雨により火災はあっけなく鎮火。

長い夜が明け、精根尽き果てたまま特救試験に臨む大吾だったが、極度の疲労から最初の2種目で脱落。限界を越えた大吾の体に奇跡は!?

め組の大吾(8) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(8) (少年サンデーコミックス)

 

一見平穏なめ組だが、メンバーは筋金入りの精鋭揃い。自分もまた真の消防官を目指すと心に誓った大吾は、難関・特救資格試験に挑戦。試験当日、出場明けの大吾は極度の疲労で脱落寸前。しかし後半、奇跡の追い上げで挽回。みごと一次試験の体力テストに合格。

そんな折、新たな出火報を受けため組はホール火災に出場。人命検索のため、大吾は特別救助隊と共に建物に進入。外からの放水による大量の水と、断線したケーブルからの電気で、救助活動は難航。そんななか、大吾はホールの天井に異変を感じとるが…。

め組の大吾(9) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(9) (少年サンデーコミックス)

 

難関・特救資格試験の第一次にみごと合格した大吾は、新たな出火報を受け、大規模なホール火災に出場。ホール内に取り残された特救隊員を救出するため、なんと大吾は独断で消防車を操りホールの壁に激突。救助は成功したものの、常軌を逸した危険な行為に現場は騒然。

め組の面々は、大問題を起こした大吾を必死に庇うが、消防車の管理責任を問われ、機関員・大野が謹慎処分を受けるはめに…。大野が自分の身代わりとなったことを知った大吾は、特救試験二次の面接で市局の上層部に対し、無謀な救助行為の顛末を自ら暴露するが…。

め組の大吾(10) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(10) (少年サンデーコミックス)

 

ホール火災の現場で大問題を起こし、懲戒免職を覚悟した大吾は、職場を放棄し、市街へ遊びに出て、そこでビル火災に遭遇。火災による停電のなか、ゴンドラに宙吊りにされたビルの清掃員を助けるため、大吾は単独で救助を敢行。

突風のため、ワイヤーの切れたゴンドラは地上に落下寸前。絶体絶命の状況のもと、大吾の機転が功を奏し、九死に一生を得るて、みごと生還。決死の救助劇をマスコミに報道された支局の上層部は体面上、大吾の懲戒免職処分をやむなく保留。だが、レスキュー隊の元締め・荒の意外な提言により大吾の処遇が!?