漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【め組の大吾】魅力・あらすじ・登場人物を第11巻から19巻までネタバレ紹介!

週刊少年サンデーで連載していた曽田正人による『め組の大吾』の第11巻から19巻までの魅力・あらすじ・登場人物をお伝えしたいと思います。

め組の大吾(11) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(11) (少年サンデーコミックス)

 

朝比奈大吾は、めだかヶ浜出張所(通称・め組)勤務の新米消防官。火災現場で大問題を起こし、懲戒免職確定となった大吾は、特救隊の責任者・荒の提言で奇跡的に処分を免れ、特救研修に参加。だが、訓練中に研修所近くの団地で火災が発生。

荒隊長の指揮のもと、大吾の研修小隊は現場へ急行。ガス爆発のため火の海と化した現場で、決死の人命検索が進む中、大吾は部屋の中に異変を感じ取る。検索が終わり、撤退命令が出されたにも関わらず大吾は一人炎の中を前進。なんと部屋の奥に取り残された要救助者を発見。燃え広がる炎の中、誰もいないはずの現場で大吾が見たものは!?

め組の大吾(12) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(12) (少年サンデーコミックス)

 

消防の精鋭・特救隊の資格試験をみごと突破した大吾は40日間の研修を終え、め組に復帰。そんな非番のある日、高校時代の恩師・落合先生を訪ねた大吾は、近くの森で昆虫採集中の先生と、久しぶりの再会。二人の間に今までと違う何かが…

が、その直後、サイレンの音と共に異臭を感じた大吾は、先生を残し現場へ向かう。そこでは横転した巨大タンクローリーから漏れた液体が、雨水に反応し有毒ガスが発生していた。一方、大吾の後を追った落合先生は現場に面した山の斜面の異常に気付く…。

め組の大吾(13) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(13) (少年サンデーコミックス)

 

大規模な防災強化計画を実施する千国市。消防の精鋭・特救隊員の刺客を取得した大吾は、いつの間にか危険な現場で充実感を覚えるようになった自分に気づく。そんな自分を嫌悪しながらも臨時の補充要員として初めて特救隊に参加した大吾は、防災指導に訪れた小学校で、かつて山火事から救助した少女と偶然の再会。

少女の笑顔に勇気づけられ、大吾は自らの資質を再認識。消防官としての自信を取り戻し、意気込みも新たにめ組に復帰する。真の消防官に向けて、さらなる成長を遂げた大吾を待つものは!?

め組の大吾(14) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(14) (少年サンデーコミックス)

 

都市開発が進み、災害の多発が懸念される千国市。そのなかで大吾は、消防の精鋭・特救隊員の資格を取得。死と隣り合わせの災害現場を通じ、消防官として成長していく。そんな折、市局に新規導入された消防ヘリが、夜間のテスト飛行中に突然消息を絶ち、行方不明に。

非番招集を受けた大吾と甘粕は、市局本部の切れ者事務官・忍足の誘導で、ヘリが不時着したと思われる区域に到着。必死の捜索もむなしく時間が経過していくなか、大吾はなんと吹き抜けのビルの中に不時着したヘリを発見。ヘリ消失の真相とは!?

め組の大吾(15) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(15) (少年サンデーコミックス)

 

休暇中に静かな温泉地へ旅をした大吾は、過去にその土地を災害から救い、住民の防災意識にまで影響を与えたという、五味所長の逸話を聞いて、その底知れぬ実力を再認識。

"五味さんに勝ちたい"ー自分のなかに芽生えた新たな目標のもと、大吾は支局から導入された新兵器インパルスを手に奮い立つ。そんな矢先、インパルスの初陣となる出火報がめ組に届く。しかも、その現場は…。

め組の大吾(16) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(16) (少年サンデーコミックス)

 

伝説の消防士・五味所長を新たな目標に据え奮起する大吾だが、災害現場での事故が原因で、炎を拒絶するようになった自分に気づく。そんな矢先、出火報を受けため組は、空港建設現場火災に出場。炎に対する恐怖心を克服できないまま、消火活動に参加した大吾だが、結局何もできないうちに火災は鎮火。

だが、残火処理終了後、各隊の撤収作業が行われるなかで、大吾と甘粕は鎮火が確認されたはずの現場内に異変を感じ取る。一方、単独で空港内の見回りに出ていた五味所長は、地下に不審な灯りを発見するが…。

め組の大吾(17) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(17) (少年サンデーコミックス)

 

空港建設現場火災で、天井崩落に巻き込まれ、要救助者もろとも地下共同溝に閉じ込められた五味所長。恩人の危機を前に、大吾は単独でメタンガスが充満し、いつ爆発するかわからない地下循環パイプを進み救助に向かう。

崩落現場に辿り着いた大吾は、神田や甘粕らの協力を得て要救助者と共に出口へ到達。その直後、パイプ内で大爆発が起きるが間一髪で脱出に成功する。無謀な救助によってもたらされた生還。だが、命懸けの行為の果てに自分の中に眠る『レスキュー野郎』としての本質に気づいた大吾だが!?

め組の大吾(18) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(18) (少年サンデーコミックス)

 

空港建設現場の大火災から奇跡の生還を果たした大吾は、千国市で新たに発足する消防機動救助隊(ハイパーレスキュー)の要員に推薦され、職場に復帰。一方、昆虫学者を目指す落合先生は研究旅行のため、インドネシア・スマトラ島へ旅立つが、そこで大規模な森林火災に遭遇。

落合先生が現地で消息を絶ったことを聞き、単身スマトラ島へ渡る決意をした大吾はインパルスを盗み出すため、め組に忍び込む。だがそこには、大吾を待つ五味所長の姿があった。驚く大吾に対し、五味所長はインパルスを差し出すと意外なことを語り出し…。

め組の大吾(19) (少年サンデーコミックス)

め組の大吾(19) (少年サンデーコミックス)

 

インドネシア・スマトラ島で昆虫の調査旅行中、大規模な森林火災に巻き込まれ、消息を絶った落合先生。それを追って現地に到着した大吾は大捜索の末、炎に包まれた山の奥深くで、ついに落合先生と再会。迫りくる炎に追われ、森の中をさまよい歩いたのち、二人は山中に乗り捨てた4WDで脱出を試みる。

だが、落合先生を乗せて走り出した車の中に予備のガソリンタンクを発見した大吾は、かろうじてそれを車外に出すことに成功するが、自らも力尽きその場に倒れ伏す。炎に包まれた絶望的な状況下、一人取り残された大吾の運命は!?