漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【エンバンメイズ】感想ネタバレ第2巻まとめ

【エンバンメイズ】感想ネタバレ第2巻まとめ

エンバンメイズ(2) (アフタヌーンコミックス)

エンバンメイズ(2) (アフタヌーンコミックス)

 

すご腕ダーツプレイヤー・烏丸 徨(からすま・こう)が収容されていた地獄のダーツプレイヤー養成所。そこで烏丸が目にしたのは、うず高く築かれた死体の山だった。烏丸が虐げられてきた、その施設の情報を賭けて好色ダーツプレイヤー華原清六(かはら・きよろく)が烏丸の前に立ちはだかる。今度の対決の舞台は、絶海の孤島!! 毒ガスが充満する部屋で命を奪い合う、最悪のダーツバトル!!

本編あらすじ

親友の瀬戸真悟が倒れている中で泣きながらダーツを投げる桂木鈴音と烏丸徨。卒業試験第一課題の合格者は214名中5名。次の試験場所に移動するために眠らされ、気づくと部屋には烏丸と桂木の二人だけだった。次に始まる第二試験の前に主任教官の剣田から信念をもつように言われる。

そして発表された第二試験(最終課題)は60秒以内に自身が命より大切だと思う希望を見つけ、それを破壊することだった。二人にとって大切なのは歌手を目指す桂木の『声』だった。他にないか苦悶する烏丸だが、桂木は躊躇なく自身の喉を潰すのだった。

次の相手は恋人(ラバーズ)の華原清六。次の勝負の舞台は後生島(ぐそうじま)を指定される。会場となる島に到着すると毒マスクをつけた案内スタッフがおり、ゲームの司会進行も務める。

今回のゲームの第三の主役となる毒ガスを紹介する。毒ガスの威力を紹介するために致死量のガスを吸って濁った液体となった元同僚を紹介され、凶悪無比な毒ガスであることがわかる。

ゲームの核となる実験体(モルモット)と博士(ジーニアス)と呼ばれた実験を紹介する毒マスク男。透明な密室空間に閉じ込められた二人。ゲーム開始とともにガスが注入され始め144分後には致死量に達する。

この地獄から抜け出す方法は二つ。先に総得点が1080点に到達するか、対戦相手が死亡するか。

次に二種類のダーツの矢。博士の矢と呼ばれる矢は得点は得られないが10点につき一分間その部屋のガスを止めることが出来る。実験体の矢と呼ばれる赤い矢は得点を得られる代わりに通常のガスに加え、10点につき一分間分のガスが自分の部屋に追加される。

相手のプレイ中でもガスは常時出ているので各ラウンドの3投を18分以内に投げるルールが追加される。スコアボードは存在せず、ゲーム終了まで相手の特典と残り時間の確認が不可能。賞金10憶円を手にするのはどちらなのか、いざゲーム開始。

f:id:manga-diary:20180524202843j:plain

このゲームのポイントは得点もしくはガスを止めるだけではなく、すぐに投げるか、ギリギリまで待ってから投げるかも戦略の一部となっている。

先攻の烏丸は博士の矢を使用し180点獲得。
後攻の華原は実験体の矢を使用し180点獲得。

二ラウンド目も烏丸は博士の矢を使用し180点獲得。
後攻の華原は実験体の矢を使用し180点獲得。

三ラウンド目も烏丸は博士の矢を使用し180点獲得。
後攻の華原は実験体の矢を使用し180点獲得。

華原は客席に味方の女性を多数入れており烏丸が何の矢を使って相手の得点がどれくらいあるかを盗み見ているが、そのイカサマを見越して烏丸はダーツの本体と羽を分離させて使用していた。

第三ラウンド終了時点で華原は総得点540点(残り時間86分)に対して、烏丸は総得点、残り時間ともに不明。

華原にはすでに毒ガスの初期症状がでてきた。第四ラウンド、烏丸は博士の矢を使用するも目に見える矢は信用できない。依然として烏丸の得点は不明だが、華原は烏丸の服についた血を見ていた。それを見て現在の得点差を予想し、絶対に博士の矢は使用しないと誓う華原。

f:id:manga-diary:20180524203149p:plain

第五ラウンド、ついに烏丸は待機の作戦に打って出た。出血量は得点に比例するから脅しても無理だと烏丸に伝える華原。突如、大量に出血する烏丸。実は出血していた血を全部飲んでいたと告白する烏丸に動揺する華原。自身と同じようにこれまで全て実験体の矢の可能性を考える。第五ラウンド残り僅かで烏丸の三投目は8に命中したあとで自身も倒れてしまう。

第六ラウンド、華原は実験体の矢を使用し180点獲得。烏丸は倒れたまま15分が経過する。あと二分で華原の勝利が確定するはずだったが、突如目覚める烏丸。残り2分、死の淵からの帰還。烏丸は起き上がると総得点900点、残り16分と華原のスコアを的中させる。烏丸は華原が連れてきた女たちの反応を見て投げた矢を推理していた。

ここで烏丸は博士の矢を使い、自身のスコアを見せる。そこには総得点0点が表示されていた。血を吐いていたのは口ではなく、手首から出た血だった。見えないモノを確かめたがる。それが弱点だと指摘され、そこが行き止まりだと死刑宣告される。

華原は敗北を確信し自らの命に終止符を打った。迷路の悪魔、驚愕の逆転勝利!これにより現金十億円を手にする! 

***感想コメント***

ダーツのルールが特殊なこともあり、初心者には少し内容を理解するのが難しくなってきました。