漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【ジャガーン】第4巻感想ネタバレ

週刊ビッグコミックスピリッツで連載中の【ジャガーン】第4巻感想ネタバレ

ジャガーン(4) (ビッグコミックス)

ジャガーン(4) (ビッグコミックス)

 

戦いは世界を救う為か?愛する人の為か?蛇ヶ崎(じゃがさき)、壊人戦士(ヒーロー)集団“トリプルH(エイチ)”を脱退!!“限られた時間”を恋人、ベルちゃんのために生きると決め、彼女の部屋で二人きりになるが――!?一方、“トリプルH”の面々は、ヒーロー街道を成り上がる。リーダー禊 白斗(みそぎ・はくと)が始めた“キチガエル法案”反対運動は国を動かすムーブメントとなり、熱狂は沸点へ!破壊と欲望の新ダークヒーロー、ザ・フォース・フォース(力漲る第4弾)!!

目次

第31話 居場所
第32話 よろしくお願いします
第33話 H
第34話 平和論
第35話 いまがずっと
第36話 私なら
第37話 チョッキン会
第38話 壊人戦士になれて
第39話 熱狂
第40話 ぬるい
第41話 殲滅
第42話 正義と悪

本編あらすじ 

鍋パを蛇ヶ崎の家で開催。それぞれ自己紹介タイムが始まる。

ユママの相棒は嬢王ミミズクのミンミ
オレスライマーの相棒は貧弱ハゲワシのパラリラ
マッドランクの相棒は爆睡オウムのグースーヤ
カット・ウーマンの相棒は学者キツツキのヨールスニ

辞めることを伝えるが、みんな私利私欲のためにヒーローをやっているし、もっと適当でいいと引き止める。それぞれ就活失敗の過去や酒に溺れた過去がある。みんなに感謝しつつもそれでもトリプルHを辞めると宣言する蛇ヶ崎。「これからの俺の命は、ベルちゃんの為に使うんだ」。

ベルちゃんとのデート中に不良にからまれ、無意識に反射でぶっぱなそうとしてしまう。そのとき禊白斗から連絡が入り、トリプルHの新しい居場所で会うことになる。

ミソギデオンの相棒は軍隊軍鶏のシャモハチ

禊からは壊人化のコントロールがきかなくなっていることを見透かされる。禊は自身の体内をスキャンした際に初期の頃より細胞との同化が進行していたことを告げる。そしてそれは壊人達も同じで、潜伏期間に比例して壊人もより凶暴化かつ強力化していると仮説を立てている。蛇ヶ崎にも辞めずに続けてほしいと言うが、断られる。

帰ろうとする蛇ヶ崎に脳波で自身の過去の記憶を蛇ヶ崎に伝える。「あなたの右腕の破壊力はエグイ。その能力は世の中の為に使うべきだ」。しかし、洗脳だとして一触即発の雰囲気になってしまったため、今回は諦めた禊。

トリプルHの活動に賛同してくれる有志も増え、新生トリプルHがスタートする。残ったトリプルHのメンバーは、グラビア撮影をしたり、ユーチューバーになったり、テレビCMに出演したり、大人気となる。

禊は「新説・平和論」というテーマで講演会を開催する。自分と他人の気持ちを尊重し合える社会に一人ひとりが実現できる社会を目指す。しかし、舞羽市非常事態対策法案を議会提出される。

一方、蛇ヶ崎はベルちゃんの家でデートする。一緒にゲームをしようとするも、またしても無意識に壊人化してしまい、ゲームせずに帰ることになる。明らかに壊人化の速度が上がってきており、家に帰る途中で倒れるも…気づくと部屋でユママに介抱されていた。

今鹿もろはは、イベント会場で刺傷されるも最高のハプニングだ、売れたと喜ぶ。壊人戦士たちはそれぞれ欲望をエスカレートさせていた。

ヒーローがモテたり、アイドルになってコンサートをしたり、離婚した妻と再会してやり直したり、それぞれの欲望を叶えている。

テレビ討論番組に出演した禊は、フンガーボールジェネリックの開発している最中だと話す。ジェネリックはフンガーボールと同じ壊人化を抑制する効果を持つことが期待されている。その結果、法案は否決の可能性があるとテレビで首相が発言するに至り、その熱狂に酔いしれる禊。

トリプルHが国会前で政策法案の反対デモを行い、3万人の参加者が集まる。デモの警備にあたった蛇ヶ崎は、内心は平和の為に熱狂する人たちを心のどっかで気持ち悪いと思ってしまっている。(平和って、宗教みたいだ…。)

そこに警察官に変装していた散春と会う。「安全圏から自分達の幸せを主張する平和信者と、それを先導し煽動する英雄気取りの図、ぬるい!ぶち壊したくなっちゃう!」

散春は、3万人の参加者の中に大量のキチガエルをばらまき、参加者を壊人に変え、デモ会場は、パニックになる。会場にはロバもいる。蛇ヶ崎とトリプルHは、壊人を次々に倒し、一般人を守るために戦う。

幸せかどうかとか、正しいとか間違ってるとか、正義か悪かとかじゃなくてさ、面白いかどうかだと思うんだ。生きる理由ってやつは。

しかし、アルコは、アルコールを飲んだとたん壊人化が止まらなくなり、妻を殺してしまう。戻れなくなってしまったアルコからアルコの子を守るため、やむなく蛇ヶ崎はアルコを殺すのだった。

デモ会場広場は禊が奮戦しているも、そこに散春が登場。「すげぇじゃんヒーロー。俺とやろうぜ♪あんたの悪を魅せてくれ。」

次の五巻ではどうなる!?