漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

『キングダム』考察!史実と併せて比較してみた

紀元前、古代中国には、趙、魏、楚、韓、燕、斉、秦という七つの国があった。秦に暮らす戦火孤児の信は、弟王の反乱にあっている王である嬴政(えいせい)を救う。山の民とともに、反乱を退くことに成功し、土地や位を与えられたことから、大将軍への道を歩み始める。

史実にはなかった成蟜の反乱!

信と政の絆を描く、オリジナルストーリーだった

キングダム 35 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 35 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

信と漂は戦争孤児で、里典の下で奴隷の生活を送りながらも大将軍になる夢を二人で見たいたが、漂は昌文君に嬴政と似ていて武術もたつことを見出されて、替え玉として王宮へ仕官することに。

そんな中、弟王の成蟜が嬴政を殺すために反乱を起こし、漂は巻き込まれて亡くなってしまう。漂の意思を受け継いだ信は、持たされた地図で黒卑村に行く。そして、嬴政に出会う。政とともに反乱軍にから逃げようとすると、河了貂(かりょうてん)と出会う。そして、裏道から脱出できると言い、二人は河了貂の案内で脱出をした。

【史実】

前245年では秦の麃公が魏の巻を攻め、首を斬ること3万人に。この年に成蟜が反乱を起こした史実はなく、前239年に起こる成蟜の反乱があったという史実があります。政はこの時に実質、実権を握れていなかったことで、史実には載っていないのかもしれません。

『キングダム』の公式ガイドブックにも、成蟜の反乱はオリジナルで信と政の絆を書く上で必要なストーリーだと書いています。後の成蟜の反乱でも意味のあるストーリーとなっています。

史実でも王賁や蒙恬たちと一緒に活躍した李信

キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【李信】

史実の数が少なく王翦列伝などから読み解く以外、信の痕跡を辿ることが難しい。紀元前225年、楚を攻める時に王翦が「60万いる」と言ったことに対し、信は「20万の兵で落とせる」といい、蒙恬とともに行き郢周辺の楚軍を破ります。その後、三日間追跡され、項燕大敗し将軍を7人も倒される結果に。そして、政が王翦に頼み込んで、蒙武とともに翌年に楚を落とします。

信の大敗の結果に秦王は取り立てて、罰などはなかったとされている事から、秦王の信頼などがあったとも予測されます。紀元前221年に王賁、蒙恬とともに斉を攻め、滅亡させる。信の子に李超がおり、漢の大将軍となっているが経緯は不明。

【漂(ひょう)】(※キングダムオリジナルキャラクター)

夢半ばにやぶれた信と同じ戦災孤児。信と互角で、絶望的な状況でもみんなを率いる知に長けた人物。呂不韋に実権を握られていた政は「最弱王」として茨の道を歩んでいた

キングダム 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【史実】

嬴政はのちの秦始皇帝。趙で育ち、荘襄王が亡くなり13歳で秦の王となる。実質この時期に国勢を主導したのは荘襄王の妻である華陽婦人と呂不韋とされているのでキングダムで反乱軍から逃げていた政は自らを「最弱王」だと言ったことは腑に落ちます。

春秋戦国時代に幕を下ろし中華統一を成し遂げたのは、前221年の政が39歳の時。中華統一後に始皇帝と名乗った最初の人物で、統一後は各地を巡る旅にでる。そして、病気により、不老不死を求めて旅をする途中に50歳で亡くなる。

その後、李斯、趙高、胡亥によって咸陽に帰るまで死を隠蔽させられる。万里の長城、阿房宮、陵墓、兵馬俑坑などの建築や民に犠牲を強いる政治で、死後に秦の民による暴動がもとで、中華統一のわずか15年で幕を閉じる。

秦の将軍として、王翦、桓齮、羌瘣らとともに活躍した楊端和!

キングダム 3 (ヤングジャンプコミックス)

キングダム 3 (ヤングジャンプコミックス)

 

【楊端和(ようたんわ)】

山民族を束ね「死に飢えた死王」の異名をとる。王自ら先人をきって戦う。秦がピンチの時には駆けつけ、合唱連合から救った。弟王、成蟜の反乱にて山の民の助けを借りることとなる。400年前に穆公(ぼくこう)と山の民は盟を結び、以後王の避暑地を守って手入れをしていた。

穆公亡き後の秦人の冷たさに、山の民の信用はなく、山民族の長の楊端和は初め、政達を殺そうとした。政が中華を統一するという意思を認めて、400年前の秦と三界の盟を復活させた。そして、政達と楊端和の山民族とともに成蟜の鎮圧に成功した。

【史実】
秦の将軍として王翦たちと活躍した。山民族、男女どちらかは不明。紀元前238年に衍氏に攻め込む。紀元前236年に王翦、桓齮、楊端和が趙のアツヨを攻めて九つの城をとる。紀元前229年に王翦、羌瘣趙を伐ち、邯鄲城を囲む。史実で言うと後に活躍するキャラクターとなっています。

秦と魏との戦さ始まり、春秋戦国時代の歩兵の参加が認められた

秦と魏の戦いで、首を斬ること3万。藨公の圧倒的勝利に終わる

キングダム 30 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 30 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【藨公(ひょうこう)】

六大将軍の影にかくれていたが、秦の将軍の一人で最前線に身を置いた猛将。紀元前245年、呉慶(ごけい)率いる魏軍との戦いで、秦軍の総大将、大将軍である藨公(ひょうこう)と蛇甘平原の戦いが始まる。初陣の信は渕、尾到、尾平、羌瘣とともに初の戦さに挑む。

【史実】
紀元前245年、秦の藨公が魏の巻を攻め、首を斬ること3万。史実では、魏の巻を攻めたですが、『キングダム』5巻で始まる魏との戦いのストーリーでは最重要拠点を魏のケイヨウとして攻め入っています。蚩尤である羌瘣との出会い。史実でも将軍として王翦たちと攻め入る

キングダム 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 6 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【羌瘣(きょうかい)】

蚩尤の末裔で、羌族の剣士であり巫舞の使い手。同じ羌族の生まれである、象姉が巫舞で幽連の罠におち、殺されてしまう。象姉の仇討ちのために生きていたが、信たち飛信隊の仲間と出会い徐々に変わっていく。

羌瘣とは信の初陣で仲間になった、蚩尤の巫舞の使い手です。魏との戦いで、羌瘣の策により信たちは戦場で生き延びることができた。

【史実】
紀元前229年王翦、楊端和とともに羌瘣は趙を攻める。紀元前228年に趙を定取して、幽繆王(ゆうばくおう)、趙の第10代君主を捕らえて趙を滅ぼした。この年に始皇帝、政の母である太后が亡くなる。斉の西端に蚩尤塚がある。兵主は矛などの兵器を発明した軍神、蚩尤の家があったとされている。

これらはまだ『キングダム』として登場していないストーリーとなり、信たちとではなく、王翦、楊端和たちと活躍するというという史実になります。とても先が楽しみな展開ですね。

春秋戦国時代の戦い方や武器は、忠実に再現されていた

信が戦争孤児から、政を助けたことによって与えられた身分で、歩兵として戦争に参加できるようになった。尾平たち農民とともに参加し、五人ひと組で魏の戦いに参加して魏軍に立ち向かうことになります。史実を忠実に再現しつつ、信の死体に隠れて、攻撃を突破するやり方に驚かされます。

【史実】
徴兵制を実施できるようになり、歩兵が主力となり、農民も戦争に行けることとなった。戦争で功績をあげれば、出世でき、軍功授爵制によて意欲のある軍人や兵士を生みました。

歩兵は5人1組みとした戦いで、遠距離戦用の弩(いしゆみ)で残りの4人は遠距離用の檄(げき)で中距離戦用に備え、近距離戦では短い檄で対抗する。秦の武器は他国と比べてすべて同じ規格で作られていた。

趙から魏に亡命した廉頗は、本当は魏軍では戦っていなかった

大将軍を剥奪された廉頗は、同士伐ちをして魏に亡命する

キングダム 21 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 21 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【廉頗(れんぱ)】

趙の三大天の一人だったが、魏に亡命した。六大将軍と渡り合い、王騎と酒を酌み交わす仲でもあった。豪快な人物。藨公と呉慶の戦いがあった同じ年に、趙王に即位した悼襄王により大将軍を剥奪された廉頗は、趙の楽乗と同士伐ち戦い、楽乗は廉頗に大敗します。廉頗は魏に亡命をします。そして、李牧と龐煖が廉頗と楽乗の後に三大天の将軍になります。

【史実】
紀元前245年は趙の孝成王が亡くなり、子の悼襄王になると魏との戦いを廉頗と楽乗と交代させた。廉頗はこれを不服に感じ、楽乗を敗走させた後に、魏に亡命する。『キングダム』のストーリーでも18巻に登場する。そして、その後に李牧が趙の大将になり、燕を攻める。

魏は廉頗を任用せず、趙がまた廉頗を引き戻そうとしたが、廉頗と仲の悪かったで郭開により悪く言わせ、趙王は廉頗を戻すことがなかった。楚が魏にいる廉頗に人をやって迎えさせたが、功績を上げることはできずに楚で生涯を終える。史実では「魏は廉頗を任用せず」と載っていることから魏で戦ったという記載はない。

魏との戦いで登場した王賁は、史実では後に秦の将軍として活躍していた

キングダム 36 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 36 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【王賁(おうほん)】

槍の使い手で、信と同じ三百人将として玉鳳隊を引き連れている。王族のエリートで重圧も大きい。努力とお金を惜しまない。廉頗が魏へ亡命してから、魏と秦との戦いが始まりました。信は魏軍と戦うべく戦場に行きますがそこで出会ったのが先に手柄を上げた、王賁でした。王賁と信は争うように手柄を上げていきます。

【史実】
将軍王翦の息子。王賁の息子に王離がいる。前226年王賁、薊を攻め、前225年には魏を攻め込み魏王を降伏させる。王賁は李信とともに燕や斉の領土を平定し、天下統一後の王氏、蒙氏の功績が大きい。

秦の二世皇帝の時に、王翦と王賁は死去する。阿房宮の始皇帝故事絵画にて、王翦、王賁、内史騰が韓、楚、燕、魏、趙、斉の六国を滅ぼした様子が描かれている。将軍としての王賁は『キングダム』ではかなりあとで活躍します。親子三代で将軍になった蒙恬の活躍は、万里の長城の建築にも関わっていた。

【蒙恬(もうてん)】

信や王賁よりも早く千人将として任命されたが、祖父の蒙驁によて三百人将のままでいた。エリートながら王賁とは正反対なお気楽な正確の持ち主。昌平君のもとで軍学を学び、早期卒業証書をもらうほどの軍才。

魏軍との戦いで王賁同様、信と初対面の蒙恬は、蒙驁が祖父、蒙武を父にもつエリートで、楽華隊をひきる。輪虎を伐つために自らが汚れ役をかって出る。軍師の才や千人将の器を早くから兼ね備えた人物。『キングダム』で王賁と蒙恬は17巻で初登場します。

【史実】
紀元前225年、楚を攻めた時に李信とともに敗退しますが、蒙恬の負けは後にも先にもこの一戦のみだったと言われています。前221年に将軍になる。斉を攻撃し勝利すると内史に命じられる。

中華統一後に30万の兵を率いて異民族の戎(じゅう)と狄(てき)を追い出し、黄河以南の地を手に入れ、長城を築かせる。後に万里の長城と呼ばれます。始皇帝は蒙家に信頼を寄せ、蒙恬は国外の王任にし、蒙毅には政策企画に携わらせた。王賁同様、『キングダム』で将軍として活躍するのはまだ先のようですね。魏軍との戦いで、蒙驁は20の町を奪う快進撃を見せる。

【蒙驁(もうごう)】

白老の名で呼ばれる大将軍。格下の相手には詰める戦略で確実に功績を上げていく。斉の時にはぱっとせず、秦に流れ、秦で功績を上げた。魏の廉頗に勝ったことがない蒙驁は、くじけそうになるが信と出会い、気持ちを切り替えて廉頗に挑みます。廉頗との一騎打ちに持ち込み、片腕を失いながらも戦います。廉頗の戦場を諌めた蒙驁や輪虎を伐った信の活躍により、蒙驁軍の勝利になりました。

【史実】
斉から秦に来て昭襄王に使え前249年に将軍になり、韓を伐った。セイコウとケイヨウの地を奪って三川郡を設置。趙を攻撃して37の町を奪った。前244年に韓を攻撃して13の町を奪う。前242年に魏を攻めて20の町を奪い東郡を設定。前240年に蒙驁は亡くなる。

前242年の魏での戦いは22巻にって廉頗の一騎打ち、結果的に魏には勝利しましたが、廉頗に勝利したかは見る人によっても違った意見になりそうですね。前240年の蒙驁の死は『キングダム』の34巻に掲載。蒙恬と信が駆けつけ、蒙驁の半生を語るストーリーは感涙します。

秦王になるまで。政の過去と敵と味方

3年間即位した荘襄王が死去、政は趙国から秦国へ送り返されただけだった。趙に荘襄王(子楚)は趙の人質としており、呂不韋により脱出したが、政と寵姫は趙でひどい扱いを受けていた。

そして、政は荘襄王亡き後、趙から秦に脱出をしようとする。史実では送り返したとなっていますが、『キングダム』では紫夏たちの闇商人が活躍します。紫夏たち闇商人は、政を秦に脱出ます。趙の関所を超えたが趙軍の手により道剣(秦人)たちと紫夏たちは政を守って、死んでしまう。

ギリギリのところで昌文君の元に渡せたが、今の嬴政があるのは紫夏たちのおかげであり欠かせないストーリーのひとつになります。

【史実】
紀元前253年に邯鄲を攻めた昭襄王は子楚や政らに配慮せず、趙を攻めた結果、呂不韋とともに趙を脱出した子楚は政と寵姫を連れて行く暇がなかった。前250年に昭襄王が死去し、孝文王になるが3日で亡くなり、呂不韋の思惑通りになり子楚が荘襄王になる。そして趙で国際信義上、政と寵姫をやむなく秦に送り返した。

【紫夏(しか)】(※キングダムオリジナルキャラクター)

趙にいた政を秦へと逃がした闇商人。政の中にある闇をも溶かした、政の恩人。『キングダム』8巻で語られる。

秦と趙との戦い。王騎と李牧の真実

天下の大将軍として活躍した、王騎の歴史には二つの説があった

キングダム 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 7 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【王騎(おうき)】

秦の六大将軍の一人で、秦の怪鳥と呼ばれていた。戦場を昭王とともに戦場を駆け巡り、昭王と夢を追ったが、魏での戦いで龐煖から受けた傷により果てる。自分の矛を信に委ねた。

秦は趙が馬陽に12万もの兵が攻め入ったことを聞き、10万の兵を徴収して、馬陽防衛戦が幕を開けた。怪鳥、王騎は秦の軍事指令として昌平君に託された。趙では長平の戦いで負けた趙の軍を白起により40万人も生き埋めにされた。

蒙武が龐煖の偽物を追い、趙軍に囲まれたところを王騎が現れて、龐煖のいる陣に突入する。龐煖との一騎打ちの末に深手を負い、愛馬の上で死ぬ。当時、作者である原先生は作品の中で王騎の存在が色濃くなると作者は最初、思っていなかったそうです。

【史実】
将軍王齕として長平の戦いで活躍したが「秦始皇帝紀」では触れられず、「秦本紀」で紀元前247年まで活躍した秦の将軍となっています。王齮という人物は「秦始皇帝紀」にある、王齕(おうこつ)と同一人物であるという説もある。『キングダム』での表記は王騎となっていて、王騎と王齕が六大将軍として別キャラクターとして載っている。

紀元前244年に蒙驁(もうごう)が、韓を攻め、王騎が亡くなる。王騎は韓を攻めたところで没していますが、『キングダム』では魏で16巻で没します。同じ年の10月に蒙驁が魏を攻める。そして大飢饉が起こる。

王騎とともに、戦場を駆け抜けた六大将軍の摎は、韓を攻めて階級をあげていた。摎は王騎とともに六大将軍のひとりとして昭襄王の時代に活躍した。王騎との約束が果たされず、無念にも龐煖に敗れます。王騎対龐煖での一騎打ちで回想のシーンとして登場します。

【摎(きょう)】

六大将軍のひとりで昭襄王の子供。身分の低さから隠し子にさえ王騎の召使になる。100の城を取ると王騎の妻になれる約をするが、龐煖に討たれて亡くなる。

【史実】
摎(きゅう)として昭襄王の時代に功績を上げる。前256年に韓を陽白と負黍を伐ち取り、首級、敵の首を取り階級を上げた。前254年に魏の呉城を伐ち取る。生没年は不明。

合従軍の大将として史実に残る龐煖は、思弁的哲学者や弁論家だった

【龐煖(ほうけん)】

趙の三大天になった、武神。王騎に討たれて致命傷を負いながらも生きていた不死身。
強者を倒すことを目的とするが、趙の将軍としても活躍する。摎を射った龐煖は王騎に破れてしまうが、魏との戦いで王騎と再戦する。そして、趙の三大天となった龐煖は、王騎を討つが、王騎の大将軍としての力の重みに疑問を抱きます。

【史実】
趙の将軍であり道家(思弁的哲学者)や縦横家(弁論家)、兵家(軍事思想家)だった。前242年に燕の将軍の劇辛を討つ。『キングダム』の24巻にて劇辛を討つ場面があります。前241年に魏・韓・趙・楚・燕とともに合従軍が組織され、その総大将を務め、秦に侵攻した。咸陽は近くまできたが、落とすことはできなかった。

趙の三大天となった李牧は、守戦の名将と言われた策士であり武将

キングダム 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 15 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【李牧(りぼく)】

趙の三大天の一人で、軍略家であり合従軍を作り上げた。無駄な争いは好まず、馬陽の戦いから1年後に趙の宰相となる。李牧は龐煖が合従軍を率いたり、趙と秦の戦いで軍師として活躍する。趙の三大天となった経緯はきたの遊牧民族、匈奴の兵を10万、葬り去ったためと、廉頗や楽乗がいなくなったためである。

【史実】
趙の雁門に駐屯する国境軍の長官で、国境の守備をしていた。匈奴からも趙からも臆病者だと言われていたが、後任者が匈奴を攻め大敗した。李牧にもう一度守備を任せた時に、わざと数千人と家畜を置き去りにし、それを奪って味をしめた匈奴が大群を率いてやってきた所に攻撃し、十余万の兵を失わせたことにより功績が認められる。

『キングダム』15巻で楊端和の口から語られています。そして紀元前234年に廉頗が楽乗を争い、楽乗が敗走し、廉頗も魏に行ったことから、趙の将軍に命じられた。紀元前233年趙の赤麗および宜安を攻めたが、李牧が防ぎ、秦の攻撃を退けたのは李牧と楚の項燕のみである。

合唱軍対秦の勝ち目のない戦い!勝ったのは軍事力か知略か

趙、魏、楚、燕、韓軍からなる合従軍を撃退!史実では「腑抜け」の一言で終わる。紀元前241年に楚軍が王都咸陽にむけて進軍したと知らせが入る。楚の侵攻を止めるべく、秦は軍を送るが魏、趙、燕、韓、斉の侵攻が相次ぐ。合従軍は蔡沢の手回しにより斉が引く。実質5カ国と秦との攻防に。昌平君と昌文君などの軍師との知と李牧、春申君らの知とがぶつかり合う。

【史実】
前241年に魏・韓・趙・楚・燕の5カ国の合従軍が連合され、趙の将軍の龐煖を総大将とし、秦に攻め込み、咸陽近くまで来たが、秦の巨大な軍事力により失敗に終わる。

『キングダム』25巻から合従軍と秦との戦いに幕を開けます。合従軍がメインの戦いとなり、史実こそ少く「咸陽を腑抜け」抜けなかったとしています。ストーリー的には広げやすいのかもしれません。王騎を支えた騰は、秦の将軍として内史騰として韓を滅亡させていた

キングダム 26 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 26 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【騰(とう)】

王騎を傍らで支え続けてきた。天下の大将軍と時分で言っている。王騎の真似をしたりとおちゃめな所はあるが、王騎の死を一番悲しんでいたのは騰かもしれない。

合従軍での戦いで、一戦も落とせない中、王騎亡き後の王騎軍を率いている騰は、楚軍の将軍である臨武君を討ち大番狂わせになった。

【史実】
前231年に男子に年齢を自己申告させた年に内史騰(本名は不明)は韓の南陽に仮の守りとなる。前230年韓を攻め、韓王安を虜にした。そして韓は滅亡へ。

『キングダム』のように王騎と一緒に活躍したなどはないですが、騰も手柄を上げており、合従軍から10年後に活躍するので、とても楽しみですね。怪物、蒙武は後に王翦の副将軍として活躍していた

【蒙武(もうぶ)】

蒙恬、蒙毅の父。六大将軍を復活させたいと思っている。気性が荒く、蒙驁の死には駆けつけないが、蒙武らしい父親の死の悼み方をします。蒙武は呂不韋陣営の一人ですが、王騎によりさらに強くなった人物です。

蒙驁は楚軍総大将の汗明との一騎打ちの時に、横槍したものに蒙恬が蒙武を守りますが、汗明と蒙武の一騎打ちの所に入ってしまい、汗明に斬られます。そこから蒙武が汗明を討ち取りました。

【史実】
前224年に蒙武は副将軍として将軍の王翦とともに楚を攻撃します。そして大勝利した後、項燕は自殺する。同年に楚の王を捕虜にした。

理詰めの王翦は史実では、将軍として一番活躍していた。

【王翦(おうせん)】

王賁の父。いつも仮面をつけておりなにを考えているかわからない人物。王になりたいという噂もある。合従軍での戦いで、燕の将軍オルドの軍の八千の兵を討ち、損失をさせて、長期間に渡ってオルドを足止めした。独特な戦い方をする。

【史実】
頻陽東鄕の人で若い頃から兵法を好んでいた。前236年王翦、桓齮、楊端和、趙のアツヨを攻めて九つの城をとる。前229年に将軍として趙を攻め、1年かかって攻め落とした。趙王は降伏したのち、超全土を平定して、郡を置いた。

前228年の燕が秦王、政の暗殺に荊軻を送ったが未遂に終わり、王翦に燕を攻めさせた。燕王は逃げたが、燕の都、薊を平定して引き上げた。前224年に李信の所でも述べた通り、王翦に頼み翌年に寿春を陥落させて、楚王を捕虜とする。

やはり王翦も『キングダム』ではこれからの人物ですね。王賁とともに史実で活躍する人物です。元野党の桓齮は、後に史実では王翦や楊端和とともに趙を落としていた合従軍対秦の戦いで、韓国間を守っていた桓齮。同じく函谷関を守っていた張唐は韓軍の毒をあおった、そして、野党あがりの桓齮に頼み込みます。桓齮は、韓軍の兵になり、敵の目を欺きながら韓の将、成恢を討つ手助けをします。

キングダム 28 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 28 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【桓齮(かんき)】

蒙驁に戦いの才能を見出されて、野党から副将軍になる。正確は残忍。神出鬼没で、予想外の手が多い。首切り桓齮との名もある。

【史実】

前237年に将軍に格上げする。前236年王翦、桓齮、楊端和、趙のアツヨを攻めて九つの城の内、鄴・安陽・垣を取る。前234年に趙の平陽を攻めて趙の扈輒将軍を討ち、首を斬ること10万。前233年に再び趙の平陽を攻め、平陽・武城を平定。

嫪毐の反乱が起こった翌年に将軍に格上げになっていますが『キングダム』はこれからのことであり、もうすぐ読めるストーリーかもしれませんね。史実では野党だった事実はない。秦の巨大な遺跡や兵馬俑坑から見る軍事力は、秦が強いと証明されていない。

合従軍での危うい戦線が続くが、順調に大将の首をとっていき、秦はぎりぎりの戦いを強いられ、蕞が最後の戦いになる。政自ら、蕞におもむき蕞の民と一緒に戦う道を選ぶ。蕞の民への士気が下がると政みずから民や兵のもとに行き士気を上げる。

政自ら戦いに出向き、負傷する。7日目に蕞が趙軍に侵略され、蕞にとって絶体絶命になるが、西の山から楊端和率いる山民族が参戦した。これにより趙で指揮をする李牧は勝敗は決し、全軍退却した。

【史実】
合従軍の史実の話はとても少なく、秦の軍事力に敗戦するとかかれていますが、始皇帝の陵墓がある、東に1.5kmほど離れたところに兵馬俑坑がありますが、未だに半分の調査も行われていませんが、趙や魏などに勝る軍事力だったという結論は出ていません。

『キングダム』で出てくる、昌平君や昌文君らと李牧、春申君らの知恵のぶつかり合いや、楊端和のような助っ人がいたと考えられるかもしれません。

弟王成蟜、呂不韋の手中に落ちて死す!

成蟜は反乱の汚名を着せられたが、史実では反乱した経緯は書いていなかった

キングダム 35 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 35 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

【成蟜(せいきょう)】

純血こそが王にふさわしいと嬴政に反乱を起こした。ランカイを調教し、人を殺す道具にしている。冷徹で残忍な正確だが、嬴政との一軒で徐々に変化がみられるようになる。屯留での反乱を呂不韋により仕掛けられ、命を落とす。

妻の瑠衣にすべてを任せ、成蟜陣営は政につく。紀元前239年に成蟜の妻の瑠衣が屯留の故郷に帰る。趙軍が秦に向けて主人したと知らせが届く、呂不韋が策略したことであり、政を屯留へ向かわせようとするが、成蟜が自ら出陣することになる。

趙軍はわずか半日で撤退し、成蟜は屯留の中へはいると、蒲カクたちの策略により成蟜は捕らえられる。成蟜は謀反を起こしたことになり、政の陣営は信を送ることになる。成蟜は信たちの助けも間に合わず、策略により命を落とす。

史実では239年のみが反乱となっていますが、『キングダム』では成蟜の反乱から始まり、政との関係に変化があったことが、ただの反乱というストーリーになっていない点が見どころです。

【史実】
前239年に長安君成蟜が趙を攻撃した時にと屯留・蒲鄗にて、謀反を起こす。
秦兵が攻撃し、成蟜は屯留の城壁の中で自殺下とも言われている。

嬴政の加冠の儀が行われる中、嫪毐の反乱

毒国を作った太后。嫪毐(ろうあい)の反乱、咸陽を攻める

【寵姫(ちょうき)/太后】

キングダム 18 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 18 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

荘襄王との間に政が生まれる。呂不韋と過去に恋人通しであり、荘襄王に呂不韋が紹介し、妻になることとなった。そして政と寵姫を置いて、秦に逃げた荘襄王。寵姫は体を売りながら生活をしていた。

太原に毒国を作り上げた太后と嫪毐は、着々と勢力を増していく。前239年に政の加冠の儀が行われている最中に、嫪毐が反乱を起こし咸陽へ攻め入る。偽の印により、兵が気づけば反逆者ということになるように呂不韋に仕向けられた。

【史実】
呂不韋が太后と密通を重ねていたが、自分の代わりに差し出した嫪毐との間に二人の子供をもうけていた。前240年に政の祖母である夏太后がなくなると寵姫の地位が高まる。翌年、前238年に嫪毐が呂不韋の二番目に次ぐ勢力で謀反を起こす。

だが、昌平君と昌文君が攻め込み、嫪毐は敗れる。そして、一族や子供も含めて処刑された。太后は命は助けられるが幽閉される。嫪毐の鎮圧にも参加した昌平君は、もとは楚の公子だった。後に秦を裏切ることになる

【昌平君(しょうへいくん)】

呂不韋陣営の四拄の一人で、武で蒙武より上で、軍司令でもある。軍師養成学校を開き、蒙恬、蒙毅らを教えると同時に敵であった河了貂をも教えた。加冠の儀の中、昌平君は昌文君とともに咸陽へ行き戦乱を沈めに行くと言い、実質的に呂不韋陣から離反した。

信たちに暗号の文を送り咸陽への助け舟を出していた。昌平君の離反に対し、呂不韋は四拄は呂不韋を彩る装飾にすぎず、呂不韋という人間の強大さは一切揺らがないと断言します。数年後に史実では荊王となり秦と戦いますが、『キングダム』でどう活かされるのかが見どころです。

【史実】
楚の公子で、人質として秦に来て、頭角をあらわし相国となった。昌平君は昌文君とともに嫪毐反乱を沈める。紀元前224年に荊の将項燕が昌平君を荊王とし、秦に反乱する。王翦、蒙武が荊を攻めて、荊軍を破り昌平君は討たれる。項燕も自殺をする。加冠の儀が執り行われた時に露見した。嫪毐の子を王にする呂不韋の陰謀だった

【呂不韋(りょふい)】

キングダム 39 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

キングダム 39 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

一介の商人でありながら、秦の相国へ上り詰め、実質長い間実権を握ていた。商談でビタ一文まけたことがない。史実に忠実に書かれている人物。嫪毐の反乱が起こる中で呂不韋が加冠の儀を止めようとしたところ、嬴政は続ける判断を下す。

加冠の儀が無事に終わり、呂不韋と政は二人で話こととなった。太后、瑠衣、李斯、蔡沢も話を聞く中、呂不韋の目指すものと政の目指すものとの相違は、嫪毐の反乱によりどちらが勝つかで決着をつけることに。政ちたが勝てば呂不韋も罰せられることとなる。

【史実】
嬴政の父である、荘襄王(子楚)に寵姫を嫁にし、孝文王の妻、華陽婦人に子楚を用紙にするように策略した。「奇貨居くべし」という言葉は「奇貨」は子楚のことで、珍しい品物は後で値上がりするかもしれないから今のうちに仕入れておくという意味。

「呂不韋列伝」で子楚に寵姫を紹介する前からすでに寵姫は呂不韋との子(政)を身ごもっていたと記されているが、「秦始皇帝本紀」では矛盾しているため、憶測の域を出ない。政を暗殺するべく色んなところに根回しをし、燕の荊軻を政の暗殺に仕向けたとも言われている。

前238年、政が22歳の時に加冠の儀がとりおこなわれ雍に入った。そして、嫪毐を宦官だと偽り寵姫に与えた罪が暴露し、反乱を抑えたあとに呂不韋は罰せられる。『キングダム』38巻の政と呂不韋はこれからの未来像を語っていますが、反乱後に罰せられるとなると、どんな結末になるのかが見どころですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?春秋戦国時代の秦の中華統一のお話を信や政、貂など個性あふれるキャラクターや、史実にもとづいたストーリー展開が魅力の『キングダム』。今回紹介したキャラクター以外にも史実のキャラクターは数多く存在します。

実在したキャラクター、オリジナルのキャラクターとの絡みや、史実にある戦い、そうでなものなど見比べながら読むとより一層キングダムの世界が楽しめます。原先生が『キングダム』をどこまで史実通りにどう描くのかとても楽しみですね。