漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【凍牌ミナゴロシ篇】感想ネタバレ最新第9巻まとめ

2021年5月20日に発売のヤングチャンピオンで連載中『凍牌~ミナゴロシ篇~』最新話を含めた最新刊第9巻ネタバレあらすじまとめです。 

凍牌~ミナゴロシ篇~ 9 (9) (ヤングチャンピオンコミックス)
 

竜凰位戦決勝、白熱!絶対に負けることが赦されない最終決戦にて無情にも果たされたのは、致命的な裏切り。人智を超えた白翁の力の前に、全ての活路を塞がれた氷のK。開いていく点差。さらに人質の死が氷のKを追い込んでいく。その時、封殺されていた堂嶋が…?

目次

第73話 神頼み
第74話 喜怒
第75話 GOサイン
第76話 追撃
第77話 超越者①
第78話 象徴
第79話 音
第80話 超越者②
第81話 選択肢

本編あらすじ

真木と白翁のコンビは自分より実力が上だと認めざるを得ない。勝てるとすればおそらく配牌で圧倒するしかないが、それは神頼みだった。また堂嶋も今日一度も和了れておらず苦しい戦いが続く。

東1局4本場終了時点
白翁53600
ケイ21300
堂嶋17500
真木7600

このとき堂嶋が「情けない」として突然泣き出す。1回も和了れないどころか勝負にも参加できていない。石原の足はおそらくもうダメなのに、痛みや苦しみも恨み事も何一つ口に出さずひたすら耐えている。全ては堂嶋が勝負に集中できるように黙っている。それなのに無様すぎると。

それを見たケイは「使える」と判断。完封を目指し堂嶋に何もさせない作戦だったが、このままでは白翁・真木組は崩せない。連荘には固執せず、振り込まない程度に堂嶋に協力する。石原も「喜ぶな!怒れよ!怒りこそが堂嶋の麻雀だろ」と檄を飛ばす。

自分の麻雀を取り戻した堂嶋がついに本領発揮。
リンシャンホンイツ対々小三元ドラ3!3倍満!

それを見て十分許容範囲だと考えるケイ。これまで堂嶋が戦いに参加できておらず2対1の状況だったが、堂嶋を加えて乱戦に持ち込みたいケイ。一時的に白翁との差が開く事になったが、堂嶋が参戦する事の意味は大きいと判断する。

ついに最大の難関である白翁の親の番がきた。白翁には目の前に眠るリンシャン牌が分かるとてつもないアドバンテージがある。白翁は呼吸の音と独特の臭いでケイの焦り・苛立ち・恐怖が手に取るように分かる。打牌のリズムや強さからも精神状態を見抜く。

f:id:manga-diary:20210522183721p:plain

ケイはひどい配牌だが、白翁の配牌はかなり良いため降りるわけにはいかない。その焦りすら見抜かれてしまいピンチの状態だが、堂嶋が波に乗る。地和が炸裂!

第78話 象徴

f:id:manga-diary:20210511053244p:plain

己が力を示そうとした白翁。それを無残に断ち切ったのは堂嶋だった。堂嶋の地和。ケイは唐突に理解した。麻雀は理不尽だ。そして堂嶋こそが理不尽の象徴だとして人間に堂嶋は倒せない。川瀬は「そこがあんたの限界だ。麻雀俱楽部の代表以上にはなれない。この4人の中でも1番弱い」と真木を笑う。

対局中に手牌の事を喋られては麻雀にならないとしてペナルティを与えようとする。スタッフが川瀬を立たせると、突然川瀬が動こうとする。その瞬間、膝から下がもぎとれる…

いまだ余裕の表情の白翁。まだ総合点では圧倒的に優位だとして、普通に戦っても負けはしないと考える。南2局 親ケイ。総合点を考えれば白翁より上の順位でトップを取るのが条件。ここで稼がなければ負けてしまう。しかし怪物達に勝てるのか不安がよぎる。はたして起死回生は成るか!?

第79話 音

f:id:manga-diary:20210511051506p:plain

チームK、川瀬りん死す。それぞれの胸中に去来するのは…。

南2局・親ケイ
白翁33600
ケイ300
堂嶋88500
真木ー52400

冷静に一切の感情を出さないように心がけるケイ。堂嶋が「波の音が聞こえる」と言い、流れをつかむ。白翁も出し惜しみを止め、クスリを自らの腕に打つ。動揺するケイだが、白翁は絶好調だと笑う。戦いは次のステージへ!

南3局で親・堂嶋。ケイは2回戦合計でほぼ5万点なので白翁に3万点差をつけた2着が条件。役満直撃か役満ツモプラスハネ満ツモが必要で絶望的な状況が続く。ケイは厳しい状況ながら「出来ることをやる」と語る。 

第81話 選択

薬物で強化された白翁だが、ついに堂嶋が爆発する。白翁の優勝に黄色ランプが灯り、腹を決めた白翁はクスリを3本も打つ。たとえこの身がどうなろうと明日はいらないとして、この瞬間の勝利を目指す。最後の勝負と決めた。勝って終わると宣言。堂嶋はこれだけの事をしておいて隠居は許さんと声を荒げる。

f:id:manga-diary:20210511055211p:plain

ケイは最善は尽くしているものの、それでもまだ厳しい状況。堂嶋に勝てないことはすでに分かっているとして、必ずしも勝つ必要がないと考え方自体を変えようとする。ここでケイは「羽鳥の名簿を持っている」と驚きの告白をする。そして手を組みましょうと白翁に禁断の共闘をもちかける!? 生き残る。たとえ悪魔に全てを売ろうとも…。

関連記事:【凍牌ミナゴロシ篇】感想ネタバレ第10巻(最終回・最終話・結末)

***感想・評価・考察***

ついにミナゴロシ篇も最終回が見えてきました。数々の犠牲のもと最後に勝利を手にするのは誰になるのか。果たしてアミナは生き残ることはできるのか。第10巻ではついに氷のケイが本領発揮!勝負の結末が気になりますね!気になる最終巻は2021年8月19日に発売予定!