漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【マネーファイト】感想ネタバレ第5巻(最終巻・最終話)まとめ

『マネーファイト』の最終巻!5巻の最終回(最終話)を含めた感想ネタバレをまとめました。プロ転向後、負けなしの快進撃を続ける御手洗と二人のチャンピオン金矢兄弟を擁する「金矢ジム」との結末(ラスト)はいかに!?

マネーファイト (5)

マネーファイト (5)

 

WBS世界バンタム級タイトルマッチ「金矢の大喧嘩祭り」に臨むべく、敵陣・大阪に乗り込んだ御手洗たち。そしてついに試合開幕!「ナニワの闘魂 VS DQNハンター」運命の対決のゴングが鳴り響いた!

本編あらすじ

試合前の会見で一触即発の雰囲気。試合開始前まで様々な嫌がらせをされるが全く気にしない御手洗。

ゲスト解説者の鬼頭は御手洗がいかに懐に入るか、金谷拳王は打ち合わずにいかに自分の距離で戦うかがポイントになると予想する。

試合開始直後は遠距離からの拳王のノーモーションライト数発が顔に当たり、パンチ数発で御手洗の左目が腫れてしまう。グローブの中に固い何かを仕込んでいる!?

第五ラウンドまで試合を優勢に進める拳王。第六ラウンドで警戒心が解かれスキが出てきた拳王に渾身の右をあてにいくが、間一髪で避けられてしまう。

その後は拳王に警戒されてしまい、クリンチすら拒絶され射程距離内に踏み込んでこなくなってしまう。アウトボクシングに徹する拳王に防戦一方の御手洗だが、逆構えのサウスポースタイルで起死回生のアッパーでダウンを奪う。

ダメージを回復させる前に攻め立て二度目のダウンを奪うも、拳王はなりふり構わず反則行為の繰り返しで減点されようが主導権を渡そうとしない。しかも不運にも拳同士の激突で御手洗の右拳は完全に壊れてしまった。(金谷セコンドの会話で拳王にはメリケンが仕込まれていることが明かされる。)

試合終盤、御手洗は拳を痛めただけでなく、減量苦によるスタミナ不足で、パワーもスピードも落ちてきてしまう。最終ラウンドまでの採点はほぼ互角。この最終ラウンドで勝負が決する。拳王も王者の意地を見せ御手洗のパンチをもらっても倒れない。

最終ラウンドは攻守が目まぐるしく入れ替わるクロスゲーム。最後の最後で御手洗が初めてのダウンを喫するも勝負は判定にもちこされる。ジャッジを買収していた拳王サイドだが決着はドロー。試合後の握手で倒れる拳王。

最終話

試合後に引退を表明した拳王。本人から電話がきて、すべてはボクシング界を盛り上げるためだったとする拳王。過疎地を復興するには多少の荒療治が必要だと言い、これまでの悪行の数々は仕方がなかったと伝える。

・・・その後

金矢拳士郎は木羽やWBS会長にSNSで殺害予告をしNBA(日本ボクシングコミッション)から査問会議にかけられトレーナーライセンスを剥奪される。金矢ジムは国内での活動を一切禁止され事実上、永久追放処分を受ける。

加賀環季はプロボクシングのマッチメイク会社を設立し、数々の人気興行を手掛けボクシング界に新たな風を吹き込んだ。

金矢大王は金矢ジム解体後にタチバナジムに移籍。天才的打たれ強さから御手洗のスパーリングパートナーとしても重宝される。

加納辰生は数年後タチバナジムから独立し弟の寅生と一緒にジムを設立。ついてきた大王を3階級王者にまで育て上げる。

橘小華は大学を卒業後、海外でスポーツ医学を学ぶ。帰国後、優秀なカットマンとしてだけでなくあらゆるスポーツ選手のコンサルタントとしても活躍する。

金矢帝王(17歳)は後に全ボクシング界を揺るがす脅威となる。


御手洗の復帰戦は1階級あげてスーパーバンタム級に挑戦。対戦相手はロンドンオリンピック金メダルでジャブの使い手フィリップ・ガガ。必殺技のライジングマグナムエボリューションでリング外に吹き飛ばしTKO勝利!

勝利者インタビューでは世界チャンピオンを宣言。それは伝説の序章であり、複数階級を制覇し、ゆくゆくはラスベガスでビッグマッチを史上最高のファイトマネーをかけた伝説を見せることを約束する。

のちにタイトル統一を賭け矢車は御手洗と戦う事になるのだが、それはまた別の話。そして号刀が御手洗のトレーナーとしてのセコンドにつくのも、ここから当分先の話となる。ー第一部完ー

***感想コメント***

[まとめ買い] マネーファイト

拳王は最後まで自己中心的な人物でしたね。いい奴キャラを演じようとするも無理がありました。作者なりの亀田三兄弟に対するアンチテーゼだと思っています。

マンガボックスで連載されていた格闘技作品でwikiがないマイナーですが絵が最初からかなり完成されており、5巻完結と短いながら良くまとまった面白い格闘技漫画でした。打ち切り決定してからなのか最後は結構雑でしたが、雑ながらも登場人物のその後をまとめるあたりは秀逸。

最終ページは第一部完となっていますが事実上の打ち切りで連載終了の可能性は否定できません。続編となる第2部が開始される保証はないのが悲しい所。最後に新キャラを登場させるなど伏線を回収していないままですが、どうなることやら…。