漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【ワンパンマン】最強の称号は誰?ヒーロー強さランキングトップ21

2012年からとなりのヤングジャンプに連載中のONE・村田雄介の大人気漫画『ワンパンマン』に登場する人間の中で特徴・実績・潜在能力・必殺技を比較しながら2018年最新の最強ランキングをまとめてみました。

第21位:ぷりぷりプリズナー

ワンパンマン 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワンパンマン 6 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

S級16位→S級17位。驚異的な筋力と打たれ強さが武器のはずだが、深海王とのパワー対決に競り負けてしまう。S級ヒーローは全員災害レベル鬼に対応できる戦闘力の持ち主とされているが、災害レベル鬼の足止めが精いっぱいだろう。

第20位:童帝

S級5位。様々な機械を使いこなす天才発明家。10歳としては非常に優れた身体能力をもっているが、S級の中では最下位。登場シーンが多いことからも協会貢献度が評価されてのランキングだと考えられる。冷静沈着で状況分析に優れており相手の弱点を見つけ作戦を立てる参謀としての顔ものぞかせる。年齢からも成長性はS。

第19位:ジェノス(鬼サイボーグ)

ワンパンマン 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワンパンマン 2 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

S級17位→S級14位。家族と故郷を暴走サイボーグ。いきなりS級にランクインした超大型新人。武器は熱線「焼却砲」や連続の拳打「マシンガンブロー」を駆使して戦うも災害レベル鬼のモスキート娘や深海王にやられ、竜レベルのゴウケツや阿修羅カブトには瞬殺される。特に覚醒ゴキブリや音速のソニック等のスピード型に弱い。パーツを替えれば今後もレベルアップが期待できるため成長性はA。

第18位:タンクトップマスター

S級14位→S級16位。肉弾戦を得意とするパワータイプのヒーロー。小細工をしないシンプルな攻撃手段のみで、ガロウからは脳筋だと評価されてしまう。対空攻撃手段をもっているが、相手がパワー型以外だと相性は悪い。

第17位:金属バット

ワンパンマン 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワンパンマン 11 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

S級15位。金属バットを用いた単純な喧嘩スタイルが特徴。シンプルな戦い方の為ガロウのような拳法家には弱いが、専用武器が当たれば一発逆転できるのが強み。単純で直情的な性格面もある。潜在能力は未知数で、ダメージを負うごとに身体能力が上がる特殊能力がある。実力的にはもっと上位にいてもおかしくはない。

第16位:閃光のフラッシュ

S級13位。純粋な戦闘の場においてはS級ヒーローの中でも一級品と言われている。愛刀「瞬殺丸」を武器に閃光斬・流影脚・風刃脚で相手を倒す技巧派。居合を得意をしており高速戦で最も真価を発揮すると考えられる。

第15位:超合金クロビカリ

S級11位。シルバーファングと双璧を成す肉弾戦の頂点。己の肉体の信奉者としてパワータイプのヒーロー。鋼鉄並みの硬度を誇るドリルですら傷一つつけられない腹筋があり、なみの攻撃ではダメージを受けない。

第14位:駆動騎士

S級9位。サイボーグ型で基本戦闘はジェノスに近い。シングルランカーだけに戦闘力は高いと考えられる。どれぐらい強いのかはこれから解明されるだろう。

第13位:豚神

S級10位。敵を丸呑みにして倒す超重量級パワーファイター。口に入る大きさなら災害レベルに関係なく消化できる異能の持ち主。自分の体積以上も余裕で食べられる。黒い精子など小型の怪人にとっては天敵とも言えるヒーローだが、移動速度は遅く、遠距離型攻撃のタイプとは相性が悪い。

第12位:番犬マン

ワンパンマン 15 (ジャンプコミックス)

ワンパンマン 15 (ジャンプコミックス)

 

S級12位。行動範囲がQ市に限定されているが、ガロウを一蹴する実力は本物。ガロウから「人間とは別の生き物」と評される犬のような動きや仕草を起点とした独特な戦闘スタイルで相手のリズムを乱す。格闘技の教科書には載っていない動きのため、シルバーファングのような拳法家と相性が良いと考えられる。縄張りのQ市しから守らないが、S級でも上位の実力者。

第11位:ゾンビマン

S級8位。進化の家の被験体。人体実験により不死身の肉体をもっているのが強み。異常な回復力を最大限に活かし、持久戦にもちこんで勝つのが必勝パターンだが、大ダメージをもらうと回復に時間がかかる。戦闘力自体は高くなく、拳銃・斧・刀剣など様々な武器を使う。喫煙者。スピード・成長性はDランク。

第10位:キング

ワンパンマン 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワンパンマン 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

S級6位→S級7位。曲者揃いのS級ヒーロー達からも一目置かれる地上最強の男。異常とも言える間の悪さと強運を兼ね備えており、意図せず怪人事件に巻き込まれるが、災害レベル狼程度なら相手が戦意喪失し、逆に噂が広まる強運の持ち主。今後もしかすると潜在能力が開花する可能性がある。

第9位:メタルナイト

S級7位→S級6位。ボフォイ博士が遠隔操作しているロボット。高火力の兵器で周囲の建物ごと敵を粉砕する攻撃方法はジェノス以上の脅威的な破壊力を誇る。隕石は壊せなかったが、通常の怪人には十分すぎる威力を誇る。

第8位:アトミック侍

S級4位。アトミック斬の使い手。居合いの達人。同じ剣術使いの閃光のフラッシュと同レベルと推測される。

第7位:イケメン仮面アマイマスク

A級1位。殺気を解放すれば、弱い人間なら震えが止まらなくなるなど本能で恐怖してしまう。腕がもげても自力でくっつけるなど常軌を逸した部分がある。人間離れした強さを誇り、化物揃いのS級では中堅クラス以上は確実。

第6位:スイリュー

ワンパンマン 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワンパンマン 13 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

冥躰拳の使い手。冥躰空龍拳や冥躰震虎拳など多彩な技を誇る。ヒーロー協会には所属していないが、A級19位のイナズマックスとA級37位のスネックを一撃でKO勝利しており、S級でも上位にランクインする実力者だと思われる。サイタマですらカウンター攻撃を警戒しており、隠れた実力者として底知れぬ実力を匂わせたが、災害レベル竜ゴウケツには全く通用せず。

第5位:シルバーファング

ワンパンマン 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワンパンマン 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

S級3位→引退。流水岩砕拳流の使い手。水の如き動きで相手を翻弄し、激流の如き一撃をもって巨岩をも粉砕する拳法で災害レベル竜クラスの怪人とも互角に戦う実力者。

第4位:ボンブ

ワンパンマン 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワンパンマン 16 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

旋風鉄斬拳の使い手。バングの兄。ヒーロー協会には所属していないが、弟のバングと同レベルなのは間違いない。まだまだ活躍しているシーンは少ないが指折りの実力者だと考えられる。

第3位:戦慄のタツマキ

ワンパンマン 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)

ワンパンマン 10 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

S級2位。超能力者のヒーロー。念動力の渦に相手を巻き込んでねじ切る技が得意。怪人にすら化物と呼ばれ災害レベル鬼クラスなら束になってかかっても相手にならない。ただし、サイタマのような強い人間には通用せず、長時間能力を酷使すると自分がダメージをおってしまう弱点がある。全体攻撃が出来る特性から集団戦闘で最も威力を発揮すると考えられ、空中戦など場面を選ばず汎用性が高い。まさしく一騎当千。パンツが見えない事からノーパン主義だと思われる。

第2位:ブラスト

S級1位。存在自体が謎に包まれており、いまだ素顔を見せない謎のヒーロー。存在だけが確認されている状態だが、それでもS級1位に君臨しているだけの理由がありそうだ。趣味でヒーロー活動をしているなどサイタマと共通点がある。張り巡らされた伏線がどう回収されるかに期待。

第1位:サイタマ

ワンパンマン DXFフィギュア

ワンパンマン DXFフィギュア

 

本作の主人公。一撃必殺で敵を葬り去る最強のスーパーヒーロー。リミッターが外れていると表現されるほどS級ヒーローの中でも異次元の強さを誇る。強さと引き換えにハゲてしまったのが残念。強さゆえの圧倒的な疎外感を抱えている。

村田版にのみ登場するキャラも多い

ONEのホームページならガロウ編の完結まで無料で読むことができます。スイリューやゴウケツなど村田版にのみ登場するキャラも多いです。特にスーパーファイト編はオリジナルストーリーになっており、原作とは違った展開ですね!怪人協会編もオリジナルの怪人が多く登場しています。

まとめ

ワンパンマン コミック 1-16巻セット

ワンパンマン コミック 1-16巻セット

 

最新巻は16巻まで発売されています。これからS級ヒーロー対怪人協会の戦いに本格的に突入しますが、今後の展開が楽しみですね!原作とは一味違ったストーリーに期待したいと思います。