漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【終末のワルキューレ】感想ネタバレ第1巻まとめ

月刊コミックゼノンで連載中の【終末のワルキューレ】最新第1巻あらすじネタバレ。戦乙女に導かれし神と人とのタイマン勝負!

終末のワルキューレ 1巻

終末のワルキューレ 1巻

  • 作者: アジチカ,梅村真也,フクイタクミ
  • 出版社/メーカー: ノース・スターズ・ピクチャーズ
  • 発売日: 2018/05/19
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る
 

全世界の神VS偉人、武人、傑人!!!!地上で横暴を極める人類に対し、神々は人類の滅亡を決定する。その決定を覆すべく選ばれたのは人類史上最強、13人の戦士たち。神々とのタイマン13番勝負に勝ち、人類を存続させることは出来るのか!?第一回戦は北欧神話最強「トール神」VS三国志最強「呂布奉先」!人類存亡を賭けた戦いが、今始まる!!

目次

第1話 神vs人類最終闘争
第2話 最強神vs最強人類
第3話 好敵手
第4話 13神と13人

本編あらすじ

700万年続く人類の歴史が今、幕を閉じようとしていた。それはほかならぬ人類の創造主「神」の意思によって終末を迎えようとしていた。

千年に一度、全世界の神々が一堂に会し開催される『人類存亡会議』。ゼウスを議長として会議が始まる。シヴァやアフロディテなど多くの神は終末を希望するが、ブリュンヒルデだけが待ったをかける。

それはただ滅ぼすのではあまりにも芸がないとし、神VS人類最終闘争(ラグナロク)を提案する。

f:id:manga-diary:20180526015133p:plain

神と人類による一対一勝負(タイマン)。先に七勝したほうが勝利するが、人間が神に勝つなど絶対不可能とされ一度も適用されたことがないルールだった。いわば超法規的条項(神々の戯れ)で制定されたもの。

神々はやるだけ無駄だと考えるが、ブリュンヒルデに「ビビッているんですか?」と挑発された神々は、その提案を受け入れる。

第一回戦のカードはトール神VS呂布奉先

人類側で最初にヴァルハラ闘技場に登場するのはブリュンヒルデが戦場で出会った中で最凶かつ最狂の戦士と評価した中華最強の英雄、呂布奉先。

対する神側の先鋒は北欧最強にして雷の凶戦士トール神。

第一試合が始まると両者ノーガードで歩み寄る。両者に共通するのが、これまでただ一撃のもとに敵を屠ってきたこと。幾千の戦場を駆け巡り、幾万の敵をたおしてきた二人にとって己の一撃を受けてなお立っていた敵は共に初めてだった。

f:id:manga-diary:20180526015148p:plain

太古の昔、巨人の群れを一人で壊滅させたときのように武器のミョルニルを両手で構えるトール神。一撃必殺の技『闘神の雷槌(トールハンマー)』を放つも、それを耐え反撃する呂布。全身全霊で戦える相手と出会えたことに笑顔を浮かべる呂布。

f:id:manga-diary:20180526015208p:plain

ゼウスは神器ミョルニルと打ち合っている人器(人類の武器)を不思議がるが、不敵な笑みを浮かべるブリュンヒルデの策略に気付く。事前にワルキューレ(戦乙女)十三姉妹が集まり、呂布には四女ランドグリーズが身を捧げ『神器錬成』と呼ばれる能力を行使していた。四女ランドグリーズの能力は『盾を壊す者』。

f:id:manga-diary:20180526015233p:plain

ミョルニルは大地を砕く最強の神器。天界最強の武具を御するヤールングレイプル(鉄の手套)はいわば天界最強の防具。それを砕かれる。有史以来、否、原始人類誕生以来初の神超えの予感に震える観客。

ここでゼウスやヘルメスが気づく。ワルキューレ(戦乙女)の仕事は『魂の運び手』。地上へ降り、目をつけた最強人類の魂を天井へ召し、来たるべき天界の危機に備え神兵にすることだが、実際にやっているのは神々への謀反と同様である。

怒るかと思いきや、逆に嬉しそうにするゼウス。全宇宙創造(ビッグバン)以来の興奮を抑えきれない。嬉しそうな表情でブリュンヒルデを見るが、ブリュンヒルデは戦闘変態嗜虐愛好神(エロジジイ)と冷めた目で無視する。

もはやミュルニルを両手で振るうことは叶わないと思われたが、ミョルニルが生物のように鼓動を始める。ようやく起きたとトール神はつぶやき、もう片方のヤールングレイプル(鉄の手套)も外してしまう。

ヤールングレイプル(手袋)の本来の役割はトール自身の力を抑え、覚醒する前のミョルニルを握り壊さぬ為に存在するのだった。ついにトールが本気の本気の本気をだす。勝負はもはや神も知らぬ領域に突入する。

そしてついにお互いの13名のメンバーが明かされる。

・人類側の13名
始皇帝
レオニダス王
二コラ・テスラ
佐々木小次郎
ジャック・ザ・リッパー
アダム
雷電為右衛門
沖田総司
グレゴリー・ラスプーチン
ミシェル・ノストラダムス
呂布奉先
シモ・ヘイヘ
坂田金時

・天界側の13名
ゼウス
釈迦
ロキ
アポロン
ポセイドン
スサノヲノミコト
ヘラクレス
トール
毘沙門天
アヌビス
オーディン
ベルゼブブ
シヴァ

天界最強の13神と神殺しの13人ここに集結!

登場人物一覧

第一巻の最後でついに今後のメンバーが明かされました。wikiにまとまっていないので簡単にそれぞれの登場人物の特徴をまとめました。

人類側の13名

①始皇帝・・秦の始皇帝とも呼ばれる中国大陸を最初に統一した人物。

②レオニダス王・・・紀元前に実在したとされるスパルタ王。ペルシア軍と戦ったスパルタ随一の英雄で、その名声はギリシア中に響いたとされる。

③二コラ・テスラ・・・電気技師、発明家。エジソンのライバルとされ8つの言語を習得しており、詩作、音楽、哲学にも精通した万能の人間。

④佐々木小次郎・・・安土桃山時代から江戸時代初期の剣客。宮本武蔵との巌流島での決闘で知られる。

⑤ジャック・ザ・リッパー・・・切り裂きジャックと呼ばれた1880年頃にイギリス市民を恐怖させた猟奇殺人事件の犯人。未解決事件として犯人は捕まっていない…。

⑥アダム・・・人類最初の人物。エデンの園でイヴとともに樹の実を食べたとされる。

➆雷電為右衛門・・・勝率9割を誇った大相撲史上最強力士。

⑧沖田総司・・・新選組一番隊隊長。幕末最強の剣士と言われる。

➈グレゴリー・ラスプーチン・・・帝政ロシア末期の祈祷僧。怪異な容貌から怪僧とも呼ばれる彼がどのような戦闘を見せてくれるかが興味。

➉ミシェル・ノストラダムス・・・ノストラダムスの大予言で知られる人物。医師であり占星術師でもある彼がどのような戦いを見せてくれるのかに注目したい。

⑪呂布奉先・・・中国後漢末期の武将にして中国最強の武将。

⑫シモ・ヘイヘ・・・フィンランドの軍人。敵国ソビエトから「白い死神」と恐れられた人類史上最高のスナイパー。

⑬坂田金時・・・金太郎の幼命。マサカリを担いでクマに熊の背に乗っている姿が童話でも有名。

天界側の13名

①ゼウス・・・ギリシア神話の主神たる全知全能の存在。

②釈迦・・・仏教の開祖。

③ロキ・・・北欧神話に登場する悪戯好きの神。

④アポロン・・・ギリシア神話に登場する神。ゼウスの息子。

⑤ポセイドン・・・ギリシア神話の海と地震を司る神。最高神ゼウスに次ぐ圧倒的な強さを誇る。

⑥スサノヲノミコト・・・日本神話に登場する神。『日本書紀』『古事記』に登場し、ヤマタノオロチを十拳剣で倒した人物。こののち三種の神器である『天叢雲剣』を手にしたとされる。

➆ヘラクレス・・・ギリシア神話の英雄。剛勇無双で知られ、人間離れした怪力を誇る。

⑧トール・・・北欧神話に登場する神。巨人と対決する戦神で知られる。

➈毘沙門天・・・仏法を守護する天部の神。四天王の一人,十二神将の一人。

➉アヌビス・・・エジプト神話に登場する冥界の神。

⑪オーディン・・・北欧神話の主神にして戦争と死の神。

⑫ベルゼブブ・・・ヘブライ語で「ハエの王」と呼ばれる大悪魔。魔界の君主とも呼ばれ、実力ではサタンを凌ぐとも言われる魔王。

⑬シヴァ・・・ヒンドゥー教の神。シヴァ派では最高神で、破壊と創造の神。

***感想コメント***

登場人物の能力・経歴・特技・伝説から今後の展開を予想すると格闘だけのバトルではなさそうです。2年後くらいにアニメ化もしそうな勢い。どのようにバトルするかに注目していきたいですね!