漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【天空の扉】感想ネタバレ最新第15巻まとめ

2021年1月に発売されたコミックヘヴンで連載中『天空の扉』最新話を含めた15巻ネタバレあらすじまとめです。

天空の扉 15

天空の扉 15

  • 作者:KAKERU
  • 発売日: 2021/01/18
  • メディア: Kindle版
 

壮絶なレイの過去の冒険譚が終わり、時は戻る―。ルーシュ一行は、念願の天空の扉を見つけ出すことに成功するが、「空っぽの男」から天空の扉の衝撃の真実を伝えられる。そして、遂にぶつかり合うレイとルーシュ!世界の命運を左右する、決戦の火蓋が切られる!渾身のハイ・ファンタジー!!長きに渡る因縁の闘いが始まる第15巻!!

目次
第54話 神の座
第55話 決戦
第56話 暴走魔法VS暴走魔法
第57話 小さな加護の剣

本編あらすじ

f:id:manga-diary:20210515144303p:plain

空っぽの男がしゃべりだす。その男は352年前、勇者の荷物持ちとして下働きをしていた。勇者たちが天空の扉にきたときに、玉座をかすめ取り「神になりたい」と願い全てを手に入れた。

富も権力も人の心も命も時間も空間も全てが思いのままになった。手始めに勇者の女を奪ったが、最高の気分でそこが最高地点だったと語る。最初に金が価値を失い、3年ほど贅沢の限りをし尽くしたことで贅沢が価値を失った。

さらに10年が経過し、人が価値を失った。100年ほどで世界と時間が価値を失い、あっという間にあらゆるものが色褪せ、ありとあらゆる「価値」が消えた。そこに至り始めて気がついた。神の座とは一人で泣きながら箱庭をいじる幼子の座だったことを。

天空の扉は出現したが、扉はまだ開いていなかった。ディアボロはもっと死ななければ扉は開かないと語る。ディアボロの作戦立案のもと、ルーシュ達が魔王城にいる勇者レイに攻め込もうとするが、襲撃を察知した勇者レイの暴走雷撃魔法が行く手を阻む。

ルーシュもマクロドライブエアバーストにて対抗するが、知性の冠によって得られた情報によって勇者レイは新必殺技を手に入れていた。雷撃魔法の最終形態『裁きの城(ジャッジメント・キャッスル)』『裁きの雷霆(ジャッジメント・ボルト)』がルーシュ達を襲う。

f:id:manga-diary:20210514223836p:plain

あまりの威力に防御魔法を展開しているフランの魔力がガンガン削られる。再発射が早すぎて逃げも隠れも反撃もできず、距離が遠すぎてルーシュの砲撃も届かないとディアボロは驚愕する。ルーシュ達は土造形魔法で地面に潜るしかなかった。

しかし、次々降り注ぐ不自然な魔法の嵐は膨大な電流と電圧をかけられ、水分だけでなく岩石まで瞬時に蒸発。それは爆発という形で破壊と掘削をもたらし雷撃を受け続けた地面は既に溶岩の海と化し、流出することで掘削を援護していた。

更に広範囲の森が発火し火災旋風を巻き起こしている。炎の嵐と雷撃に頭上すべてを押さえられながら追われ、土造形魔法で掘り進める先は魔力消費の激しい硬い岩盤しかないと追い詰められていた。地中に潜み続けるのは危険すぎるため止む無く地上に飛び出した瞬間を、潜んでいたキャロスのオリジナル魔法『極大収束直死魔法(グリムリーパー)』が炸裂する。

かき集めた多重直死魔法の波長を重ね合わせて効力そのものを増幅し、数十倍強力な停止効果をばらまき、あえて成果を下げて心臓だけでなく手足や指まで停止効果を与えることで「失敗しても次に繋がる」恐ろしい即死魔法だが、キャロスの不意打ちを予見していたガルドフスが邪魔をし、命からがら逃げきることに成功する。

ディアボロが次の作戦を練っていると氷雪族あられから、暴走雷撃魔法に暴走氷雪魔法をぶつけることを提案される。物理的に干渉する魔法が暴走魔法同士がぶつかると何が起きるかは未知数。実験的要素が強かったが、発動してみると暴走氷雪魔法外周部の膨大な雪を導体として稲妻は好き勝手に迷走し、外周部に落ちていた。

f:id:manga-diary:20210515165743p:plain

また魔法的に熱を奪う特性により燃え上ろうとした木々も即座に鎮火し、火災旋風による被害がおこらなかった。絶大な防御効果があると思われたが、接触すると一方的に暴走氷雪魔法がかき消されることも判明。安堵する勇者レイだったが、その間に近接戦闘部隊のレイシャ、つらら、フェアリア、スタンピードは雷撃魔法をある方法で掻い潜り魔王城に侵入していた。

油断していたスキを突いて不意打ちを仕掛け、勇者レイに一撃を入れるスタンピード。重傷を負うも伝説の防具『大いなる加護の鎧』で死なない勇者レイは反撃する。無差別型封印魔道具『青い鉛』で優位に立つも、素の勇者レイは強く、しかも青い鉛の効果範囲外に出てしまった母鳥姫マーレは拘束具を外してしまう。

その場で勇者レイと母鳥姫マーレを倒すのは無理だと判断したレイシャ達は撤退する。雷撃魔法が荒れ狂う中、首輪型の青い鉛を頭上に掲げて繋げたアイデア防具『青い傘』で逃げるが、母鳥姫マーレのフェザコキュが上空から襲いかかり絶体絶命のピンチに陥る。

f:id:manga-diary:20210515142802p:plain

小さな加護の剣(正式名称:44式自動照準銃剣・中型)が突然しゃべりだし、緊急事態だとしてスタンピードを主と認め、ハンターを取り込みながら変形し始める。

一瞬で6発を狙撃しフェザコキュを全て撃墜する。いままで抑制されていたヤバい性格が表に出てきて、スタンピードが指示もしていないのに勝手に発砲。フェザコキュを撃退したのも束の間、そこに勇者レイが追いついてきた!?

関連記事:【天空の扉】最強キャラを決める強さランキングトップ18

***感想・評価・考察***

天空の扉 15

天空の扉 15

  • 作者:KAKERU
  • 発売日: 2021/01/18
  • メディア: Kindle版
 

熾烈を極める頂上の戦い。長きに渡るルーシュとレイの因縁、最後に笑うのは…。気になる第16巻は2021年10月頃に発売予定!

Amazonなら現在天空の扉第6巻までのKindle版 (電子書籍)が無料で読めるので、まだ読んでない人や、あらすじを振り返りたい人はおススメです♪