漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【アルスラーン戦記】感想ネタバレ第1巻まとめ

アルスラーン戦記の感想あらすじ&ネタバレのまとめです。田中芳樹の歴史ファンタジー小説を原作に、『鋼の錬金術師』『銀の匙 Silver Spoon』の荒川弘が漫画を手掛ける大ヒットコミック『アルスラーン戦記』。別冊少年マガジンで連載中!

アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス)

アルスラーン戦記(1) (講談社コミックス)

 

国が燃えている…。世界はどれだけ広いのか?強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラーンが14歳になった時、遠国の異教徒がパルスへ侵攻。アルスラーンは初陣の時を迎える。パルス軍の強さは古今無双。この戦もパルスの圧勝に終わると誰もが信じていた……。奈落へと落ちたアルスラーンの運命! 激動の英雄譚、開幕!!

目次

第一章:エクバターナの栄華
第二章:アトロパテネの会戦
第三章:黒衣の騎士
第四章:旧友との再会

本編あらすじ

パルス国王子アルスラーンは比較的豊かなこの国で来たる初陣に向け、大将軍ヴァフリーズと剣の稽古をしていた。そんな中、父であるアンドラゴラスがルシタニアとの戦いから帰還する。「友邦マルヤムに侵入したるルシタニア群を我がパルス軍が撃退いたしました」。

「アンドラゴラス王は負け戦知らずなんだって!」その戦いはパルス国の勝利で終わりその捕虜として多くのルシタニア兵が捕まり奴隷として売られることに。その中にはまだ幼い少年兵の姿も…。「これほどの人数で捕まえに来てる上に少しの脅しで腰が引けるとは…。さては貴様いいとこの坊ちゃんだな」その少年兵が脱走する際に人質となってしまったアルスラーンは少年兵からこれまで知らなかった様々なことを教えられ…。

 

それから3年後のパルス歴320年 秋。西北方 ルシタニア王国軍はマルヤム王国を滅亡せしめパルス王国に侵入。アンドラゴラス三世自ら軍を率いてアトロパテネの野に侵略軍を迎え撃つ。王太子アルスラーン初陣す。ときに十四歳。

 

パルス軍は、八名の万騎長にそれぞれ一万騎。国王親衛隊五千騎。合計八万五千の騎兵に、さらに歩兵十三万八千の大軍。「今回パルスに助けを求める間もなく、マルヤムがあっさり滅ぼされたのはなぜだろう?」「何やら罠を仕掛けていると思えます」心配するアルスラーンとダリューン。アトロパテネの地で行われたパルス対ルシタニアの一戦は精強な騎兵隊を擁するパルス軍が圧倒するかに思われたが、断崖と霧と炎で防戦一方に…!?

 

思わぬ罠によってかなりの被害を受けたアンドラゴラスは近くにいた兵士に今すぐカーラーンを探し出すように命令する。「カーラーンめ…。断崖があるなど報告にはなかったぞ。裏切ったのであろうか…」「国王陛下はわしがお守りするゆえ、おぬしはアルスラーン殿下をお探ししろ」ヴァフリーズから突撃の前線にいて姿が見えないアルスラーンを探すようにと言われたダリューンはすぐさま前線へと探索に向かう。

「国王陛下、もはやこの戦いに勝ちはございませぬ」ヴァフリーズはアンドラゴラスに対し退却を具申するが「大陸公路の保護者たる予がむざむざ逃げ出すことができようか!」と拒否するも、「王妃タハミーネ様がおられる王都を敵の手にゆだねてもよろしいとおっしゃいますか!?」と言われ退却を決意する。

 

しかし、王の傍にもカーラーンの部下が紛れており国王が逃げたという報が戦場を駆け巡る「不敗の王が逃げた!」。その報により未だ交戦中の部隊は王だけ逃げたと聞き兵士のみならず「退却は聞かされていないぞ…!?」「もはや誰のために戦うというのだ」万騎長シャプールとクバードの士気も下がってしまい…。

ダリューンによりなんとか助け出されたアルスラーンはこの場から移動するためダリューンと共に戦場を馬で駆け抜けることに。一方、アンドラゴラス王は逃げる途中に銀仮面の男から襲われる!

 

その途中、ルシタニア兵に捕まっている兵の姿を発見した二人は救出することに成功するがすでに致命傷を受けていたらしく血を吐いて意識朦朧としている。それでもなんとか現在の戦況を聞き出すと万騎長のうちマヌーチュルフ、ハイルはすでに戦死。シュプールもやられたらしいとの情報が…。ダリューンは友人のナルサスを頼ることを提案する。

 

パルス歴320年10月16日。この日アトロパテネ平原において五万三千の騎兵と七万四千の歩兵が戦死し、パルスは国軍総兵力の半数を失った。勝者となったルシタニア軍も騎兵と歩兵を合わせ五万以上を失った。

 

「ナルサスはこの先に住んでいると聞いています。山荘にひきこもって異国の書を読んだり、絵を描いて暮らしているそうです」ナルサスに会いに行く二人。途中エラムから弓矢を射られるが「知らぬこととはいえ失礼をいたしました」ダリューンだと気づくと道案内をしてくれる。「名乗る必要はない。騒々しい奴め。おぬしの声は一ファルサングも遠くから聞こえておったぞ!」