漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【新世紀エヴァンゲリオン】最強を決める強さ使徒ランキングTOP15

『新世紀エヴァンゲリオン』に登場する使徒の最強の称号を決める強さランキングをまとめてみました。 

新世紀エヴァンゲリオンとは

新世紀エヴァンゲリオン(1) (角川コミックス・エース)

新世紀エヴァンゲリオン(1) (角川コミックス・エース)

 

1995年に放映された大ヒットアニメ。人類補完計画や旧約聖書の引用などの設定や伏線は読者に様々な考察や議論を巻き起こし、映画化もされ社会現象化した。日本のアニメ史に残る名作として評価されており、文化庁メディア芸術祭「日本のメディア芸術100選」のアニメーション部門で第1位に選出。全14巻。

本作はテレビアニメ版、劇場版、漫画版それぞれで使徒の番号や登場の有無が違うが、テレビアニメ版を基準に選出させていただきました。

第1位:タブリス=渚カヲル(第17使徒)

第17使徒。 数々の名言を残した点を評価。歌はいいね。歌は心を潤してくれる。

第2位:ゼルエル(第14使徒)

LM023 第14使徒ゼルエル

LM023 第14使徒ゼルエル

 

第14使徒。最強の名に恥じぬレベルで強かったが、最終的にシンクロ率400%のエヴァ初号機に食べられてしまった可愛そうなキャラ。弱肉強食の世界。

第3位:アルミサエル(第16使徒)

第16使徒。光る二重螺旋の円環構造を持つ使徒。ミミズみたいな外見。浮いている理屈を考えてはいけない。エヴァ零号機に侵食・融合を試みるが、零号機がお決まりの自爆を選択し殲滅。今回は流石の綾波レイも死亡してしまった。

第4位:アラエル(第15使徒)

第15使徒。もう物理攻撃はあかんと気づいた使徒側は、精神攻撃(心理攻撃)に切り換えた。ハレルヤの大合唱。脳に直接爆音が鳴り響く攻撃にアスカもたじたじ。ただ、エヴァ側が攻撃しなければ精神攻撃だけなので無害だった可能性を否定できない。綾波レイの超正確な槍の遠投が輝いた回。外したらヤバかった。

第5位:バルディエル(第13使徒)

第13使徒。エヴァンゲリオン3号機が使徒だと思われがちだが、正しくは粘菌状の使徒でエヴァに寄生している。姿形が微生物と言う意味ではイロウルに似ている。

第6位:ラミエル(第5使徒)

第5使徒。近づくものは吹き飛ばす。まさに空中要塞。名シーンも多く人気の神回。ヤシマ作戦はのちに東日本大震災の節電キャンペーンで発動された。笑えばいいと思うよ。

第7位:レリエル(第12使徒)

第12使徒。初号機を取り込み活動停止まで追い込むが、エヴァが暴走し、血のしぶきを大量にまき散らしながら敗北。

第8位:サキエル(第3使徒)

ソフビ魂 サキエル

ソフビ魂 サキエル

 

第3使徒。かわいいと評判の使徒。未熟な初号機をボコボコにしたが、逆に暴走されてしまいボコボコにされた。最後は自爆したが、相手は無事。

第9位:シャムシェル(第4使徒)

ソフビ魂 シャムシエル

ソフビ魂 シャムシエル

 

第4使徒。触手を鞭のようにしならせて攻撃する。ナイフで刺されて死亡。意外にコアは柔らかい?

第10位:イスラフェル(第7使徒)

ソフビ魂 イスラフェル甲

ソフビ魂 イスラフェル甲

 

第7使徒。分身の術を会得しており、一定のダメージを与えると二体に分裂する。戦闘シーンが素晴らしい回。最終的にアスカとの同時連携ユニゾン攻撃で殲滅したが、最初から綾波レイと同時出動していれば何も問題はなかった。

第11位:イロウル(第11使徒)

第11使徒。微生物状の使徒のため絶対にフィギュア化されない宿命を背負った使徒。タッチタイピングのプロ赤木リツコ博士によって殺された。何気に結構いいところまで頑張ったが、微生物なので迫力戦闘シーンは皆無。あと1秒あれば…。進化の終着点が死という答えは色々と考えさせられる。碇のバカヤロー。

第12位:サハクィエル(第10使徒)

第10使徒。とにかくデカい。衛星軌道上から自らを落下させたが、どれほどの威力があったのかは不明。結局、エヴァにダメージは与えられなかったが、落下地点に到達するまでにエヴァにより第3新東京市が壊滅しかけた回。ニンニクラーメンチャーシュー抜き。

第13位:ガギエル(第6使徒)

第6使徒。お魚さん。どうやって陸のネルフ本部を攻撃しようとしたのか…。

第14位:サンダルフォン(第8使徒)

第8使徒。浅間山の火口内に住んでるお魚さん。水(マグマ)の中以外では生きられないので多分何もしないでも害はなかったと思われる。

第15位:マトリエル(第9使徒)

第9使徒。目玉がいっぱいある。ライフル銃で数秒撃たれただけで死んだ最弱の使徒。停電していなかったらエヴァ出動から最短記録更新で死んでいたと思われる。弱すぎ。

まとめ

新世紀エヴァンゲリオン(14) (角川コミックス・エース)

新世紀エヴァンゲリオン(14) (角川コミックス・エース)

 

聖書偽典のエノク書の天使の名に由来する使徒。当初は人類に敵対している存在として紹介されていましたが、その目的はなんだったのかと様々な憶測が流れました。テレビアニメ版とは違う最終回になった漫画版もぜひ読んでください!