漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【ノイズ】感想ネタバレ第2巻まとめ

グランドジャンプで連載中の『ノイズ』(作者:筒井哲也)第2巻あらすじネタバレ。

ノイズ【noise】 2 (ヤングジャンプコミックス)

ノイズ【noise】 2 (ヤングジャンプコミックス)

 

のどかな田舎町・猪狩町でイチジク農園を営む泉圭太は、町に入り込んだ元受刑者の鈴木睦雄を殺害。それに加担した幼馴染の田辺、新人巡査の守屋と共に、事実を隠蔽する。鈴木の足取りを追う刑事達が町に踏み込み、泉達に迫る中、事実を知った町の助役の思惑が村の均衡を崩し始める。追い詰められた守屋は良心の呵責に耐え切れず…!? 閉鎖的な集落で、波紋(ノイズ)は数を増し、拡大していく…!!

目次

第8話 鬼手
第9話 指名手配
第10話 異物
第11話 告白
第12話 未来のために
第13話 覚悟
第14話 仲介者
第15話 冷温室
第16話 田辺純

本編あらすじ

鈴木が借りたレンタカーから見つかった遺体は保護司の鈴木賢治だった。県警の畠山はまたしても犠牲者が出てしまったことを後悔する。畠山は14年前の女子大生ストーカー殺人事件のときも被害者から警察に相談していたにも関わらず、鈴木の犯罪を止めることが出来なかった過去がある。積年の誓いを新たに執念の捜査が始まる。

鈴木の捜査には捜査第一課の青木重孝も参加。駐在所の守屋真一郎巡査に事件について問い詰める。畠山は守屋が事件に関与していると考え青木に尾行を指示する。守屋は畠山の目論見通り、泉の幼馴染の田辺純に相談に行く。

その頃、畠山は唯一目撃された横田庄吉に聞き込みをするが、全く相手にされず追い返される。住民たちにとって事件もマスコミも警察も町の平穏を乱す存在のため、町全体が警察に非協力的な姿勢。

そんなときに農林水産省地方創生局局長の酒井華江が猪狩町に訪問してくる。農林水産省には町おこしに成功した自治体や企業を表彰する制度があり、猪狩町のイズミ農園が来年度の農林水産大臣賞が内定したという嬉しい報告だった。

そして国から猪狩町に交付金として3億円が下りることも決定。3億円の使い道は自由と言われ、猪狩町助役の庄司義昭も念願の小学校を建設しようと約束してくれる。

そんな中、助役の庄司が町を歩いていると偶然にも農家の横田庄吉と出会う。横田と会話していると唐突にも鈴木はすでに死んでいると明かされる。横田は警察に秘密にしている理由を聞かれると70年前にシベリアに抑留されていたことを語り始める。

三年間もシベリアの山奥の収容所で石炭掘りをさせられていた横田。その間に何人もの仲間が死んだが、それを火葬場まで運ぶのは横田の役目だった。それゆえ泉が死体を運んでいるときに出た言葉が「懐かしい」だった。

その後、横田は日本に戻ることが出来たが戻ってからも警察の『赤狩り』に会い、思想教育を受けたと疑われたため監視されていた。そのため結婚も就職することもできず警察に対して恨みを持つようになったのだった。

事件の真相を知った庄司は駐在所の守屋に警察官を辞めるよう圧力をかける。守屋は町の平穏を守るため罪を被り拳銃で自殺を図る。銃声を聞いた県警の畠山と青木も現場に駆けつけると瀕死の守屋が。銃弾は頭蓋骨をかすめて大事には至らなかったが、大量の出血で昏睡状態が続く。

守屋は拳銃自殺をする前にボイスレコーダーで何かを録音していた。それに気づいた田辺と泉は回収しようとするが青木に気づかれ、拳銃で制止させられる。青木は市民に銃口を向けた瞬間をマスコミに撮られるも結果的にボイスレコーダーは警察の手に渡る。

押収したボイスレコーダーを再生する畠山と青木。そこには鈴木は守屋が殺し、鈴木は既に死んでいることが語られていた。死体をどこに保管しているのかまでは証言されていなかったが、泉と田辺が関与しているのは間違いないため死体遺棄容疑で逮捕状を取ろうとする畠山と青木だが、本部長から待ったがかかる。

SNSサイトで青木が泉に銃口を向けている動画が拡散され騒ぎになっているため警察の上層部は強引に動くなと畠山たちに指示する。

一方その頃、助役の庄司は驚くべき計画を田辺に打ち明ける。事件の目撃者・庄吉老人から全てを聞き出し、田辺に全ての罪をかぶせ泉の農園を乗っ取ろうとした町の助役を田辺が殺してしまう。ますます大きく広がるノイズ。猪狩町と町民の運命はーー!?

***感想コメント***

ノイズ【noise】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

ノイズ【noise】 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

何がどうなってもハッピーエンドはもうないと思われ、どのような結末を迎えるかに注目が集まりますが、おそらく次の第3巻が最終巻になると思われます。第2巻の最後に泉が言った「全部俺が片をつける」という言葉の意味とは?注目の第三巻は来年1月に発売予定です。