漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【バーテンダー】漫画の名言・名台詞・名場面まとめ

2004年から2012年までスーパージャンプとグランドジャンプスーパージャンプに連載していた原作:城アラキの漫画作品『バーテンダー』の好きな台詞や名場面をまとめました。

バーテンダー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

バーテンダー 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

人に隠れバーのカウンターで一人泣く者が一番苦しんでいることもある。

バー・ホッパー伊丹の話。一軒で2~3杯、30分もいれば次の店に行く。まるでバーをホップするバッタの様に一晩に3~4軒は回る。一説によれば銀座には六百人のバー・ホッパーがいると言う。ある人はそれをバーのパトロールだと言い、ある人はバーテンダーが生きてるかチェックしに行き、またある人は親戚めぐりのようなものと言う。(第2巻10話 バー・ホッパー)

何を期待してこの店のトビラを押したのか。

佐々倉にジントニックが店の顔と呼ばれる所以を尋ねる東山。単純なレシピなのに様々な味のバリエーションがあり店の個性が出しやすいと答えるが、それでは50点だという理由は…。(第3巻17話 バーの顔 中編)

バーってのは夜だけ開いてる病院なんだよ。

若い頃の佐々倉はバーテンダーとは酒の知識・技術を磨いてお客様に楽しい時間をサービスする仕事と答えるが、先輩バーテンダーの北方は魂の病院と答えた。トマトジュースを用いたカクテル・ブラッディ・マリーを飲ませながら酒には毒と薬の二つの顔があり、その中から薬の顔だけ引き出してやるのがバーテンダーの仕事だと話す。(第4巻24話 ふたつの顔)

バーでは声低く語れ

佐々倉の言葉。バーではたとえ誰かと話をしていても実は自分自身と語り合っている。このとき大きな声を出すと囁きを聞き逃すことがあるから。ウィスパーとともに。(第11巻87話 心の棘 中編)

客の小さな孤独に気付けるかどうか。

バー・ホッパー伊丹の言葉。サービスには偶数のサービスと奇数のサービスがある。2人や4人の客ならバーテンダーは放っておくのがサービス。でも1人や3人の客には一言だけでも声を掛けるのがサービス。バーテンダーにとって一番必要な才能だと語る。夏に初めてバーに入って腕前が分からないバーテンダーに頼むにはいいカクテルとして『ジンリッキー』を飲みながら。

ブルー・ムーン

バーテンダー 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

バーテンダー 13 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

昭和30年代に流行ったカクテル。ブルー・ムーン(青い月)は、あり得ないことや出来ない相談という意味があり、昔は女性がこれを頼んだら断りのサインと言われたもの。(第13巻100話 失敗の優しさ後編)

 

 

まとめ

バーテンダー 21 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

バーテンダー 21 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

アニメやテレビドラマ化もされた本作。お酒にちなんだ漫画だが、正確には『バーテンダー』という職業漫画。お酒にも詳しくなれ、接客やビジネス視点でも読めるため酒やバーに興味が無い人が読んでも面白い。飲食店などサービス業の人が読んだら勉強にもなります。

内容が少し大人ですが、将来的にバーに行こうと思っている10代が読んでも良いでしょう。