漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【ヒメノスピア】感想ネタバレ第1巻まとめ

月刊ヒーローズで連載中の原作:村田真哉、作画:柳井伸彦による『ヒメノスピア』最新第1巻ネタバレまとめ。

ヒメノスピア 1(ヒーローズコミックス)

ヒメノスピア 1(ヒーローズコミックス)

 

学校では皆から奴隷のように虐げられ、家では二人で暮らす母親に暴力を振るわれる…。それが彼女、園藤姫乃の日常だった。だがある日、彼女を刺した一匹の蜂が運命を一変させる。――彼女の、そして人類の。人という「種」を刺し貫く、戦慄のインセクト・サスペンス!!

目次

第1話 針
第2話 鑓
第3話 影
第4話 群
第5話 終

本編あらすじ

学校で「虫」と呼ばれ、全裸で校内散歩させられ、いじめられている姫乃。先生は見て見ぬフリをしており、友達もいない。姫乃は自分自身のことをブスでバカで根暗で何の取柄も価値もないと評価している。

ある日、姫乃が学校の花壇をいじっているときに首元を蜂に刺される。驚いた拍子に潰した蜂は奇妙な色をしていた。そこにいたイジメグループからその死骸を無理やり食べさせられた姫乃だが、この体験がのちに自身の身体に重大な変化をもたらす…。

家には父親がいないが、幼少期に父親じゃない男の人がいた事がある。その人はまだ子供時代の姫乃に服を脱げと命令した。怖かったので裸になった後、買い物から帰った母親に助けを求めて駆け寄ると思いきり叩かれ「この淫売」と言われる。それから母親に何度も殴られ、最後にはアイロンを顔に押し当てられ一生消えない火傷をおわされた。

酔ったときの母親は思い出したように暴力を振るうため姫乃にとって自分の部屋だけが唯一の居場所。ここなら誰にも邪魔されない。明日こそはいい事があると思いながら眠りにつく。

翌日、起きてみると信じられないことに普段は姫乃を無視している母親が朝食を作っていた。初めて見た光景にドラマのシーンみたいと驚く姫乃。そして母親がこれまでの仕打ちを謝罪する。まだ夢の中なのかと疑う姫乃。

学校に登校するとさらに信じられないことが。机の落書きが消えていた。いままでイジメの中心人物だった服部渚が別人のようになっている。クラスメイトが虫と呼ぶと殺すぞと激昂する服部。服部のかわりようにクラスメイトも驚く。

姫乃もそんな現実を信じられなかった。その日は服部と二人で過ごし、終わってみればその日一日誰からもいじめられなかった。こんな日が自分の人生に訪れるなんてくるなんてと驚く姫乃。帰宅すると鏡に映った姿に驚く姫乃。身体の内部から尻尾のようなものが生えており、先端は針のようになっている。

次の日、服部の変化に驚く他のクラスメイトは姫乃に問いただす。一方的に暴力を振るわれたためその四人にも針を刺す。姫乃の周囲の変化はやはり針が原因であることに確信をもつ。針に刺されると最初はボーッとするが、その後は目が覚めた様に姫乃への愛情で胸が満たされる。服部は姫乃の針に刺されると仲間になると語り「作ろうよ。完全無欠の姫乃の楽園(ヒメノスピア)を」

f:id:manga-diary:20181125045457p:plain

その頃、フジモト生物化学研究所所長の藤本康臣は、公安警察特務捜査課課長の黒田二郎に薊馬(アザミウマ)の説明をしている。人間に寄生するハチがいたとしても何ら不思議ではないと話をしている。

この5人は私の針で作った仲間達だ。針というのは正確じゃない。お腹の中から延びる長い管の先端に鋭利な刃物が付いた様な…これが何かは分からない。分かっているのはこの間の奇妙な蜂と何か関係がありそうだという事と、これで人を刺せば私を目の敵にしてたお母さんも私を毎日の様にいじめてた服部さんも、その友達も誰もが私に優しくなるという事。私の身に何か異常事態が起きている事は疑い様のない事実。このままにしていいはずがない。でも正直言ってこの状況はどうしようもなく居心地がいい。知らなかった。味方になってくれる人がいる。唯それだけでこんなにも毎日が楽しくなるなんて。

担任の金古登に呼び出される。金古は姫乃が服部に援助交際をやらされていると誤解している。以前にも気弱な生徒が身体を売らされていたことがあり、姫乃も同じように強制的に身体を売らされているのではなと疑う。心配してくれているのかと思いきや「俺が買ってやる」と言い出し、いくらなのかと身体を触りながら質問する。守ると言いつつも露骨に代償を求めてる金古。

小さい頃に家にいた男性と同じ目だとわかった姫乃は金古にも針を刺すが針が効かない。金古は進路指導室を飛び出すが、そこには服部たちが待ち構えていた。全員から針を刺される金子。姫乃が仲間にできるのは女だけであることがわかる。針というのは正確じゃない。その形と使い途は敵を刺し貫き殺すための武器「鑓(スピア)」に似る。

f:id:manga-diary:20181125045525p:plain

金古は死んでしまった。校長室で警察から取り調べを受ける姫乃。真実を隠すが、警察はそれに気づかない。鑑識も死因を特定できておらず、事件性はないと判断している。

私が殺してしまった。直接手を下した訳ではないけど金古先生を刺したのは私が仲間にした五人。しかもその発端は私が金古先生を仲間にしようとしたから。もしも、もしもあの時私が強い意志で拒絶できたなら先生も死なずに済んだはずだ。私が殺したも同然…。

しかし服部は姫乃を守るために私達の意志で殺したと話す。姫乃に迷惑をかけないために今すぐ自首してもいいと話すが、罪を負わせる訳にはいかず、全てを告白すればどんな目に遭うかも分からないため姫乃は逃げ切る事を選択する。何も知らないと言い張りながら時が過ぎるのを待つ。

服部と一緒に登校する姫乃。服部から「愛する事の方が何倍も価値があるなんて。好かれる必要なんてない。好きになるだけで良かった。たったそれだけの事で心にも身体にも無限に力が湧いてくる」と語る。そして「姫乃への想いは一生変わらないと思う」と言われ嬉しそうにする姫乃。

学校に到着するとまたしても警察の人間が。今度は警視庁公安部特務捜査課の黒田。毒ではなく人体由来の成分なら全く証拠を残さず毒殺する事ができると語り、姫乃を刺した蜂の死骸を出して見覚えはあるかと質問するが、そんな蜂は見たことがないと答える。

その場は知らないと言ったが、警察に気づかれたかもしれないと仲間内に伝える姫乃。黒田は自分に対して明らかな害意を持った人の目であり、獲物を追い詰めて殺す狩人の目であると説明する。姫乃の安全を確実なものにするために今後の対策を考える一同。時坂はいい考えがある伝えるが、その策とは…。

二日後、蜂に刺された人間こそが女王を護る兵士になると語るのは藤本。浅間山荘や松本サリンなど近代に起きた数々のテロ事件にもごく初期の段階で蜂の関与があったとされている。一匹の女王に対し兵士の数は最大でも十名程度だが、すでに在る組織を扇動し犯罪行為に駆り立てるには十分な数である。

藤本はフジモト生物科学研究所研究主任の原口理栄を紹介する。蜂に関する研究においては誰よりも詳しい彼女は蜂の作った巣が崩壊し、犯罪組織化する理由については女王である蜂の死がその原因であり、女王はすでに死んでいると見ていいと語る。それだけ分かれば十分だとして黒田は合計7人で姫乃のいる学校に向かう。

学校では大勢の生徒に包囲される黒田たち。予想に反する大勢の人数に驚く黒田。「複雑な要求をするつもりはない。園藤姫乃に近づくな」と言われるも人数不足から撤退せざるをえなかった。

同時刻、フジモト生物科学研究所にいる藤本康臣と原口理栄に接触する姫乃。藤本はストレートに「目的は一体なんですか」と疑問を質問する。針の形状がこれまでの兵士のものと全く違うことに驚く藤本。藤本を護る原口だが、姫乃から刺される。

二日前、今のままの人数だと最悪、全員拘束されて抹殺される恐れがある。だからもっと仲間を増やそうと提案していた時坂。人数が増えれば増えるほど警察も手を出しにくくなり、十人以上になれば攻めと守りの二手に分かれることも可能になる。敵が姫乃に近づく前に包囲することができるとメリットを説明する。

しかし姫乃本人はこれ以上仲間を増やすことに消極的。その考えに味方も従う。姫乃の考えが最優先されるため「私達だけでも充分戦える」として現状のまま出来ることに方針転換する。皆が姫乃のことを考えてくれているのに「私は私の事しか考えてない」と涙ながらに話し、仲間を増やす決心する。そして黒田の襲撃に備えてクラス全員、隣のクラスや教師までも仲間につけていたのだった。

翌日、学校でいつも通りの日常を過ごす姫乃。

もう何も怖くない。私の周りにはどんな時にも大勢の仲間がいてくれる。洗脳でも依存でもない。愛情という共通項を持つ共同体は私にとっても私以外の人にとっても理想的な人間関係を連鎖的に生み出していく。そして私は常にその中心にいる。そう、ここが私の楽園(ヒメノスピア)だ。

だが、この楽園はこの日脆くも崩れ去った。またしても黒田が校門前に現れる。

f:id:manga-diary:20181125045643p:plain

校門前で警告した涼子を射殺し、学校になだれ込む特殊部隊。女王・園藤姫乃を捕獲し、姫乃の兵士は残らず射殺し、判別が困難な場合は一般市民の射殺も止む無しとの指示が飛ぶ。強硬手段に打って出てきた!

***次回予告***

強襲!犠牲となる仲間と崩壊する楽園。そして捕らわれる母…。全てを奪われた女王は…!?衝撃と急転の第2巻!!

***感想コメント***

作者はアラクニドやキャタピラーと同じ作者。キリングバイツの主人公が強きな性格と比較して姫乃は大人しめの性格で、こちらの主人公の方が好きです。ストーリーの面白さと画力の高さが相まって人気が高まりそうな予感がします。