漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【ウマ娘プリティーダービー】歴代最強馬を決める最強ランキング

アニメ化もされたゲームアプリ『ウマ娘プリティーダービー』の登場人物の中で、誰が一番速いのかアニメと史実を交えながら独断と偏見で最強の称号を決める強さランキングをまとめてみました。

第1位【スペシャルウィーク】日本総大将

ねんどろいど ウマ娘 プリティーダービー スペシャルウィーク ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ねんどろいど ウマ娘 プリティーダービー スペシャルウィーク ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

 

本作の主人公。同期にグラスワンダー・エルコンドルパサー・セイウンスカイなど最強世代が揃う中で、98年東京ダービーを制覇したスペシャルな馬。99年の宝塚記念と有馬記念は同期のグラスワンダーに敗けるも99年の春と秋の天皇賞ならびに99年ジャパンカップを制覇。本調子ではないとはいえ99年ジャパンカップでは欧州最強馬モンジューを撃破。凱旋門賞を制覇したからと言って調子に乗んな!生涯成績17戦10勝。

第2位【サイレンススズカ】音速で走る影なき逃亡者

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー サイレンススズカ(EN-620)

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー サイレンススズカ(EN-620)

 

通称『異次元の逃亡者』。武豊騎手に『化物』と評された悲運の名馬。98年毎日王冠は三強対決と言われ、それまで無敗だった同世代の好敵手エルコンドルパサー・グラスワンダーをくだしての優勝。それ以降は影さえ踏ませぬ快速馬と呼ばれる。史実では98年秋の天皇賞レース中に骨折し安楽死の処置がとられたが、アニメでは見事に復活する。生涯成績16戦9勝。

第3位【エルコンドルパサー】凱旋門賞制覇に最も近かった馬

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー エルコンドルパサー(EN-626)

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー エルコンドルパサー(EN-626)

 

通称『音速の貴公子』。98年毎日王冠ではサイレンススズカに敗れるも、98年ジャパンカップ制覇。スペシャルウィーク、エアグルーヴを抑えての優勝だった。その後、活躍の場を海外に移し、世界最高峰の凱旋門賞では欧州最強馬ブロワイエ(モンジュー)との歴史的一騎打ちを繰り広げた。日本中の競馬ファンが夢見た凱旋門賞制覇まで後一歩に迫る価値ある2位。国内ではサイレンススズカ以外に無敗のまま引退。デビュー戦から引退までの全てのレースで1着又は2着の成績を残した。生涯成績11戦8勝。 

第4位【グラスワンダー】ワンダーホース

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー グラスワンダー(EN-627)

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー グラスワンダー(EN-627)

 

最強世代の一角。栗毛の怪物・マルゼンスキーの再来と言われ、99年宝塚記念、99年毎日王冠、98・99年有馬記念を制した。史上2頭目のグランプリ三連覇を達成。特に99年宝塚記念でのスペシャルウィークとの死闘は今でも語り草。スペシャルウィークとの対戦成績は2戦2勝と負けなし。右後脚の骨折がなければどの程度まで成績をのばしたことか…。生涯成績15戦9勝。

第5位【セイウンスカイ】青空を往くトリックスター

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー セイウンスカイ(EN-628)

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー セイウンスカイ(EN-628)

 

最強世代の一角。98年にスペシャルウィーク、キングヘイローらを相手に皐月賞と菊花賞の二冠を達成した名馬。菊花賞では当時の世界レコードを樹立。天賦の才能が血統を凌駕する。生涯成績13戦7勝。

第6位【ウオッカ】史上最強の牝馬

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー ウオッカ(EN-622)

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー ウオッカ(EN-622)

 

07年東京ダービー制覇。牝馬として64年ぶりの快挙。08年・09年の年度代表馬に選出。07年桜花賞、07年秋華賞、08年秋の天皇賞などで同世代のダイワスカーレットとは激しい争いを何度も繰り広げ、ともに牝馬ながら牡馬と互角以上に渡り合った。のちに08年度レース・オブ・ザ・イヤーに選ばれる名勝負となった秋の天皇賞では長時間に及ぶ写真判定の末、ダイワスカーレットをくだす。生涯成績26戦10勝。

第7位【ダイワスカーレット】ウォッカ最大のライバル

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー ダイワスカーレット(EN-623)

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー ダイワスカーレット(EN-623)

 

08年有馬記念制覇。牝馬として37年ぶりの快挙。他にも桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯を制覇。同世代ウォッカとの対戦成績は3勝2敗。デビュー戦から引退までの全てのレースで1着又は2着という驚異の成績を残した。08年有馬記念でのラストランで有終の美を飾る。アニメでは巨乳キャラ。生涯成績12戦8勝。

第8位【トウカイテイオー】無敗の二冠馬!皇帝の血を継ぎし帝王

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー トウカイテイオー(EN-621)

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー トウカイテイオー(EN-621)

 

七冠馬シンボリルドルフの代表産駒。91年皐月賞、東京優駿(日本ダービー)、92年ジャパンカップ、93年有馬記念など数々のタイトルを獲得した一方で、度重なる怪我に泣かされ、菊花賞は断念。父と同じクラシック三冠はならなかった。1年ぶりとなる復帰戦兼引退レースの有馬記念では、菊花賞馬ビワハヤヒデやダービー馬ウイニングチケットなど強豪馬が勢揃いした中で奇跡の復活を見せる。アニメではテイオーステップと呼ばれる華麗なステップを披露。恋の花火よーいドッカン!生涯成績12戦9勝。

第9位【メジロマックイーン】ターフの名優

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー メジロマックイーン(EN-625)

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー メジロマックイーン(EN-625)

 

通称『ターフの名優』。史上最強のステイヤーと言われ、春の天皇賞では無類の強さを発揮。91年~92年と二連覇。92年は無敗のトウカイテイオーをくだして史上初の春の天皇賞連覇を達成。父子3代天皇賞制覇を成し遂げた。93年天皇賞は刺客ライスシャワーに負けるも2位。他にも90年菊花賞、93年宝塚記念など生涯成績21戦12勝を誇る。

第10位【ゴールドシップ】世紀の暴れん坊

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー ゴールドシップ(EN-624)

キャラクタースリーブ ウマ娘 プリティーダービー ゴールドシップ(EN-624)

 

破天荒で自由奔放な暴君。12年皐月賞、菊花賞、有馬記念、13年と14年の宝塚記念二連覇など数々のビッグタイトルを獲得した。本気を出せば誰も敵わないが、本気をださないのが欠点の馬。スロースターター型で、最後方からのレース展開が多いが、無尽蔵のスタミナを武器にロングスパートをし、舌をペロペロさせながら余裕の勝利を飾る。生涯成績28戦13勝。

第11位【シンボリルドルフ】皇帝と呼ばれた伝説の三冠馬

通称『皇帝』。80年代最強馬と呼ばれ、84~85年に活躍。中央競馬史上4頭目の三冠馬。「競馬に絶対は無いが、この馬には絶対がある」と言われた史上初の七冠馬。勝利より、たった3度の敗北を語りたくなる伝説の馬。生涯成績16戦13勝。

第12位【ナリタブライアン】シャドーロールの怪物

通称『シャドーロールの怪物』。中央競馬史上5頭目の三冠馬。94年のナリタブライアンは圧巻だった。皐月賞と日本ダービーを圧勝し、94年菊花賞で伝説を作った。七馬身差の衝撃。20世紀の名馬ランキングで1位獲得。往年ファンからはいまだに最強サラブレッドとして名前が挙げられる名馬。生涯成績21戦12勝。

第13位【タイキシャトル】世界へ飛翔する最強マイラー

98年年度代表馬。アメリカ合衆国出身のダイナマイトボディ。短距離(マイル戦)を得意とし、97・98年の二年連続で最優秀短距離馬に選出。外国産馬として中央競馬史上初の年度代表馬を受賞。生涯成績13戦11勝。ハウディ!大雨もノープロブレム!私はお魚とスイミングしても短距離なら負けません♪

第14位【オグリキャップ】稀代のアイドルホース

通称『芦毛の怪物』。20世紀の名馬ランキングで3位獲得。88年有馬記念、90年安田記念、90年有馬記念など重賞12勝を獲得したが、アニメではレースに登場せず、台詞も少ない。唯一の見せ場がスーパークリークやタマモクロスとの大食い競争のみで、大食いキャラのまま終了…。通算成績32戦22勝。

第15位【テイエムオペラオー】年間無敗!不世出の歌劇王

99年最優秀4歳牡馬、00年年度代表馬受賞。および顕彰馬。メジロマックイーン以来となる春の天皇賞連覇を達成。00年は8戦8勝と年間無敗記録を達成した。重賞最多勝利や重賞最多連勝など数々の記録を残した。生涯成績26戦14勝。

第16位【エアグルーヴ】競馬黄金期に輝いた女帝

通称『女帝』。96年優駿牝馬(オークス)、97年秋の天皇賞を制する。97年に牝馬として26年ぶりの年度代表馬に選出された。98年ジャパンカップではエルコンドルパサーに敗れるも、ダービー馬スペシャルウィークを抑え、2年連続2着。レース中の怪我や事故をのぞけば、17レース中すべて3着以内と抜群の安定感を残した。額の流星は宿命か。生涯成績19戦9勝。

第17位【フジキセキ】幻の三冠馬

サンデーサイレンスの代表産駒。94年の朝日杯3歳ステークス優勝。屈腱炎を発症させてしまい、わずか4戦で引退してしまったが、その実力は本物。生涯成績4戦4勝。

第18位【ハルウララ】目指せ一勝!地方競馬の救世主

連戦連敗が注目を浴びた高知競馬場の救世主。『負け組の星』『絶対に当たらない』としてハルウララブームを巻き起こして全国的な人気者になった。競馬を知らない女性も名前を知っているほど知名度は抜群に高い。とにかく一生懸命走るのが長所。高知でデビューしてきたきに!生涯成績113戦0勝。

まとめ

STARTING GATE! ―ウマ娘プリティーダービー―(1) (サイコミ)

STARTING GATE! ―ウマ娘プリティーダービー―(1) (サイコミ)

 

歴代最強馬は誰なのか。競馬ファンなら一度は考えたことがある疑問。騎手との相性や距離適性もあり比較は簡単ではないですが、もしも時代を超えて歴代の名馬が一同に会する夢のレースがあると考えたら胸が熱くなりますね。

プリティーダービーには登場していませんが、日本競馬の至宝ディープインパクトや、気性の荒い性格から暴君と言われたオルフェーヴルも歴代トップクラスの名馬です。選外ながらブロンズコレクター・ナイスネイチャ、ミホノブルボンのクラシック三冠制覇を阻止した黒鹿毛の刺客ライスシャワー、女傑ヒシアマゾン、白い稲妻タマモクロス、坂路の申し子ミホノブルボンなど名前を言い出したら尽きません。

アニメのプリティダービーでは悲運の伝説馬サイレンススズカが復活したり、ルドルフとテイオーの親子競演など夢のメンバーが揃っています。トウカイテイオーを始め各キャラもかわいく、それぞれの特徴をとらえており、逸話やエピソードも再現。競馬ファンならずとも誰でも楽しめるアニメ(漫画)です。