漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【バウンサー】感想ネタバレ第10巻まとめ

別冊ヤングチャンピオンで連載しているみずたまことによる『バウンサー』最新刊第10巻ネタバレまとめ。

有名AV女優の小池珠理奈とその息子・勇輝の警護を担当することになった獅子戸と蜂野。通常通り進むはずだった警護だが、背後では巨大な悪意が蠢き…!?

目次:第56話・57話・58話・59話・60話・61話

本編あらすじ

f:id:manga-diary:20210505205334p:plain

バウンサー 10 (ヤングチャンピオン・コミックス)

有賀勇気は東京フィストの一員としてクラブセキュリティの仕事に就く。有賀はクラブ内の揉め事を解決したり、偽造免許を見抜いたり要領よく仕事に取り組んでいる。有賀は馬場千聡や鶴見拓哉と一緒に飲みに行った帰りに優梨の兄・根本に襲撃される。根本は有賀が関暴連に所属していた時に妹にAVを紹介したとして有賀を恨んでいた。

そこにAV制作会社MMCプロダクションから依頼されて根本を追ってきた蜂野信也が駆けつける。交渉に応じない根本の取り巻き5人を瞬殺。優梨は幼少期に実の兄から毎晩犯され続けており、中3までに3回妊娠し、トイレで流産してきた壮絶な過去がある。

16歳で家出した優梨は兄から逃げるために整形手術を決意。しかし、顔は別人になっても優梨の身体の動きでわかったと語る根本。根本はフラッシュライトによる奇襲を仕掛けるが、それを読んでいた蜂野によって容赦なく金的を破壊される。

f:id:manga-diary:20210505210009p:plain

その後、虎井清十郎による訓練中でも、蜂野は馬場に全く手加減せずに攻撃する。怪我で休んでいた獅子戸丈一郎が復帰。獅子戸の周りにはいつも人が集まることに、なにかを考えながら見ている蜂野。

f:id:manga-diary:20210505210302p:plain

バウンサー 10 (ヤングチャンピオン・コミックス)

次の仕事は有名AV女優の小池珠理奈とその息子・勇輝の身辺警護を虎井から引き継いで担当することになった獅子戸と蜂野。人気AV女優の小池はストーカー被害にあっており、子供にまで被害が及んでいた。

蜂野は休業を提案するが、珠理奈は恐ろしくサイクルが早いAV業界で休むのは致命的だとして「この世の中で貧しい者は軽蔑され続ける」と語る。世の中は100%お金と断言し、だから脅しに屈して絶対この仕事を手放したりしないと力強く話す。

一方で、珠理奈には息子に対してネグレクトをした過去があった。蜂野が更に、勇輝の身体に刻まれたむごたらしい痣を発見する。同タイミングで不自然に腫れあがった珠理奈の拳…。蜂野はその真意を探る。

f:id:manga-diary:20210505211308p:plain

登下校中も勇輝を警護している蜂野と鶴見に、見知らぬ集団から声を掛けられる。一触即発の雰囲気になるも、蜂野の機転で事なきを得る。最後にリーダー的な人物から神代寺グループ特別秘書の剛堂海星と書かれた名刺を手渡される。剛堂は東京フィストの鰐淵社長や虎井のことも知っているようだがその正体は…!?

蜂野は、名刺の人物はグループで雇用している私設ボディガードで、あのとき誰かを警護していた可能性が高いと推測。一方、買い物のために街へ出た獅子戸丈一郎が遭遇したのは、娘を連れた剛浄会直参・阿藤組組長の柿根陽介だった…。

***感想・評価・考察***

蜂野信也の兄・蜂野文彰の墓前で「お前の弟ももうすぐ死ぬことになる」と語る獅子戸勇一郎も登場。果たして蜂野信也を狙う理由とは…。そして冒頭と最後に登場した人物カネヒラオウケンの正体とは…。そのカネヒラオウケンに次の標的として渡された写真は鰐淵社長と虎井清十郎…。気になる第11巻は2021年3月中旬に発売予定!