漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【トリコ】感想ネタバレ第18巻まとめ

【トリコ】感想ネタバレ第18巻まとめ

トリコ 18 (ジャンプコミックス)

トリコ 18 (ジャンプコミックス)

 

ついに難関デスフォールを攻略したトリコとサニー。疲労困憊の2人のために、小松は単独でサンサングラミーを目指す!果たして実食なるか…!?そして次の依頼食材を求め、トリコたちはグルメカジノへ…!!

目次

第154話 小松の食運!!
第155話 サンサングラミー実食!!
第156話 料理人たち!!
第157話 会長の宝箱!!
第158話 小松と大竹!!
第159話 フルコースの声!!
第160話 メテオガーリック!!
第161話 グルメカジノ!!
第162話 賭博時間!!

本編あらすじ

会長の依頼のひとつであるサンサングラミーと言う魚を捕獲しに、デスフォールと言う超巨大な滝にやってきたトリコたち。凄まじすぎる水の勢いに翻弄されるトリコたちですが、パワーアップしたサニーのスーパーフライ返しと、トリコのツイン釘パンチによって迫り来る脅威を撃退。ついにサンサングラミーの住むという滝の奥の洞穴に到達したのでした。

「本体自体の捕獲レベル1以下である」「しかし、サンサングラミーは特殊調理食材であった」サンサングラミーの特異な特性を上手く潜り抜け、メルクの星屑とかけて食べるトリコたち。世界では美食會の動きが活発になり始め、料理界に激震が走り始める。メルヘン料理専門「オトギの城」オーナシェフの大竹も何者かに連れ去られ失踪する…。

トリコは会長のフルコースの集めにココと一緒に前菜が眠っている第8ビオトープにいく。宝箱から出てきたのはミリオンの樹の種。7つまでを集めることができたが、わけのわからない食材ばかり…この間に、トリコたちは会長の依頼食材をゲットする新たな旅に出ることになる。そのために小松のほか、四天王のココを呼び出す。「グルメカジノだね。お安いご用さ」

薄汚い列車に揺られ、薄暗い洞窟の中をトリコたち。グルメカジノのあるジダル王国へと向かっています。ジダル王国は国際監視対象国で、グルメ犯罪が横行する地域。国全体で非合法が横行する、秩序無き国。世界の食を管理するIGOに非加盟の為、IGOによって定められている違法食材なども堂々と得られているのです。

強い中毒性を持つ麻薬食材「毒星」や、食べれば死は免れない毒化したフグ鯨…ただ、逆に言えば入手困難な食材でも集まるような食材の坩堝でもあるわけです。正規ルートでは手に入らない超高級食材も、闇ルートで出回ることもありまして。今回狙っている食材も、そう言った真っ当には手に入りづらい食材。その名も「メテオガーリック」!

隕石が落ちた土地に稀に生えるという不思議なニンニク。食べれば1ヶ月不眠不休で動けるほどの効能を持っており、別名『ドーピングガーリック』。その強過ぎる栄養によって「グルメ八法」でも食用制限がある。その制限以上に、希少すぎて市場ではまったく見る機会がない。そんな激レアなメテオガーリックが、「『グルメカジノ』に景品として出品されたらしい」「そう思えて不思議じゃないのがジダル王国」「今じゃ希少な食材はすべてジダルに集まるとも言われるくらいさ」

ジダル王国の治安の悪さはもはや想像を絶するものでした。トリコにけんかを吹っかけてくるチンピラがいるなど、外の世界とは別世界!少年が麻薬食材の中毒症状となっていたり、国ひとつ滅ぼしたと言われる強力な麻薬食材を普通に取り扱っていたり…。一同はそんな街中を、真っ当な高級食材なんかを買い集めながら練り歩き、グルメカジノへと向かうのでした。

グルメカジノ。幻の高級食材から裏社会でしか手に入らない非合法食材まで、ありとあらゆる食材が景品として集まる世界最大のグルメ賭博場。街の総面積は実に650平方キロメートル。その20%を占めるカジノスペースでは連いつ100兆円もの金が動くというまさにギャンブル王国。

そんなこの場所で、トリコと小松は懐かしい人物に再会しました。ジダル王国の程近くにある、ネルグ街を根城にするグルメヤクザ。その長である、マッチです!なんでもすこし前までトップを張っていたリュウがグルメ界へと旅立ったために組を受け継いだ。

「地下料理界のボス、ライブベアラー。実際カジノでディーラーもこなす闇の料理人」組長となった今、ネルグ街をも汚染を始めた麻薬食材を取り仕切る地下料理界に乗り込み、その違法食材を根こそぎ奪い取ってしまおうと考えたようです。目標物こそ違えど、グルメカジノの景品を取りに来たという点で目的が一致したマッチとトリコたちは、行動を共にすることになった。

「勝てる可能性があるとすれば力ずくではなく賭け(ギャンブル)のみー」ギャンブルでメテオガーリックを獲得しようとするトリコ一行。マッチも腕づくよりも、ギャンブルで堂々と奪った方が後を考えれば楽には違いありません。マッチとその部下達を加え、大世帯となった一同は、ついにグルメカジノの門をくぐる!

その様子は監視カメラに映し出されており、グルメカジノのボスにも伝えられていました。四天王のうち2人までもがグルメカジノに足を踏み入れてきた。そのことをまったく脅威には思わず、「是非私のコレクションに欲しいわ…」と涎をたらすグルメカジノのボス。彼こそがグルメカジノのオーナーにして、地下料理界のボスでもあり、更に世界の料理人ランキングでも30位以内に入っていると言う男…ライブベアラー!!

グルメカジノ名物『100面スロット』。タテ100面×ヨコ100面あり、絵の数は全部で60種類。秒速100メートルから150メートルのスピードで回転するが、「ココには止まって見えるだろうな」ココの感覚の鋭さにより、どんどんとコインを増やしていく一同。VIPエリアに通された先で、ライブベアラーから「もっといいものを賭けない?」「招待するわ。VIPエリアのその先へ…」トリコ一行とライブベアラーのギャンブルが始まる!!