漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【トリコ】感想ネタバレ第16巻まとめ

【トリコ】感想ネタバレ第16巻まとめ

トリコ 16 (ジャンプコミックス)

トリコ 16 (ジャンプコミックス)

 

グルメピラミッドの地下へ一人辿り着いた小松は、強大な敵に遭遇! 危機一髪でトリコたちが到着するが、奴こそメロウコーラへ繋がる存在と判明! 手に入れた一冊の本を解読した小松がバトルを導くことに!!

目次

第135話 回復!!
第136話 VSサラマンダースフィンクス!!
第137話 コーラの正体!!
第138話 メロウコーラ、調理!!
第139話 ゼブラの条件!!
第140話 “合体技”!!
第141話 鼓動!!
第142話 コンビの条件!!
第143話 生ける爆薬!!
第144話 “最悪”との再会!!

本編あらすじ

四天王最後の一人、ゼブラを仲間に加えて「メロウコーラ」を探すため「グルメピラミッド」に向かったトリコたち。ですがトリコ&ゼブラから小松がはぐれてしまいます。トリコたちはゼブラの能力によって小松を捜索していますが、小松は運よくピラミッドの最深部に程近いところにたどり着いていました。そこには人間が書いたものではなさそうな謎の壁画や書物があり、同時に、得体の知れない何かが目を覚まし始めていた!

謎の書物を覗き見た小松。その内容は小松を驚かすものであったようですが、その背後には得体の知れない生物が迫っていた!牙をむく謎の生物!ですが幸いまだ小松の体にはゼブラが纏わせてくれていた音のバリアが残っており、その命はすんでのところで救われます。しかしこの狭い空間の中、小松のような普通の人間がやすやすと怪物から逃れることなどできようはずもなく…バリアが壊れてしまうのも時間の問題、何とか逃げようとする小松にまたまた幸運が降りかかりました。

たまたまその場にやってきた、グルメピラミッドの猛獣。謎の怪物は、こっちの方が簡単に食えそうだとばかりにそちらへ牙を突きたてたのです!小松を追いかけつつ、道中獲物を食べながら進んでいたトリコとゼブラ。不思議なことに、このグルメピラミッドの生物には沢山仕留めた同じ生物の中でほんの数匹だ美味しい個体が混じっている、という奇妙な現象が起こっていました。

不思議ながらも謎を解明する時間などありません。とにかくご飯を食べ続け、ようやくゼブラの声の調子が戻り、小松の正確な位置を把握する音の技を再発動できるように。その瞬間、ゼブラは小松に怒鳴りました。「そっちに行くんじゃねぇ!」謎の書物を胸にしっかと抱き、先ほどの生物から必死で逃げていた小松。その声を聞いたときには既にあまりにも巨大な猛獣の視界の中に入ってしまったあとでした!

この巨大な猛獣はサラマンダースフィンクス。捕獲レベルは「92」!その力はハンパではなく、小松を守るためにゼブラが放った遠距離での威嚇技、「吠え弾」にも一切ひるまず、逆に咆哮でかき消してしまうのです。これはもう一刻の猶予もないと踏んだゼブラ、近道をすることを決意。全力で吠え、ピラミッドの壁や床を破壊!少し下の階層にいた小松のもとへ一瞬でたどり着いたのです!

小松に纏わせた音の鎧を壊したのはこいつだろうと予測したゼブラ、その代金はお前の血肉だとさっそくバトルを始めます。連続の大技は的確にサラマンダースフィンクスを捉えるのですが、相手はそれほど堪えていない様子。更にすかさず伸縮自在の舌で反撃をしてくるのです!

弱点も見当たらないかなりの難敵であるサラマンダースフィンクス。ですがトリコはこの難敵こそが求めていた「メロウコーラ」を持つ生物であることを確信します。初代メルクから教えられた「メロウコーラ」は「サラマンダースフィンクス」と呼ばれる猛獣の体内で熟成されていると言う情報。

そして確かにこの怪物から香ってくるコーラの香り。この怪物がそのサラマンダースフィンクスで、求めるものはコイツの体内にある!そこで2人はこの怪物を倒せば手に入ると理解し、バトルを再開します。しかし、一番「メロウコーラ」である可能性が高いと思われた血液は不味くて飲めたもんじゃない、要するにただの血でした。

じゃあ何がコーラなんだ?と頭を悩ますゼブラとトリコ。その疑問に答えたのは、小松でした!どうやら例の謎の書物は、特殊調理食材の調理法をまとめた書物だったようで、長年の料理人の感も総動員し、小松がなんとなくそれを解読することに成功。そこにその「メロウコーラ」の出し方も記してあったのです!物凄くめんどくさい手順を、それも超強敵相手に踏んでいかなければならない…IGO会長からの依頼にふさわしい高難度の食材と言える「メロウコーラ」。

トリコとゼブラ、四天王2人が全力を出し切り、今や超一流の料理人となりつつある小松の指示で動き…ようやくコーラがその姿を現します。特殊な方法で痛めつけることにより、体内にたまったブドウ糖を主とする老廃物が一挙に流れ出る、涙。その涙、「メロウコーラ」はとうとうサラマンダースフィンクスの瞳から放出されたのです!

その瞬間、小松の腹部に衝撃が走る!先ほどの謎の生物が再び姿を現し、小松に攻撃を加えた後、力を使い果たしたトリコとゼブラにも攻撃!そしてすかさず放出されたコーラを一滴残らず飲み干してしまった!栄養補給が十分となったのか、全身の筋肉がパンプアップする謎の生物。

トリコたちは全員残らずノックダウン。果たしてこの生物は何者なのか?トリコたちは完全にノックアウトされてしまったのか?小松の命は?そして、メロウコーラはこの怪物以外の誰も口にできないまま再び眠ってしまうのか!?