漫画ネタバレ無料まとめ事典

漫画好きによる漫画好きの為の漫画情報サイトです。

【自殺島】感想ネタバレ第7巻まとめ

【自殺島】感想ネタバレ第7巻まとめ 

自殺島 7 (ジェッツコミックス)

自殺島 7 (ジェッツコミックス)

 

繰り返し、日々を営む。その中で、少しずつ変わり始めたセイ達。それぞれの思いが、時に結束を深め、時に避けられぬ衝突を生み出してゆく。そして訪れる、仲間との別れの時ー。「僕は…カイ…君を許せない!!」サバイバル極限ドラマ第7巻!

目次
第70話 邂逅
第69話 セイとカイ
第68話 決別
第67話 ミキの決断
第66話 ミキ
第65話 ケンと杉村
第64話 罪と罰
第63話 日々を暮らす
第62話 僕らの在る意味
第61話 僕らの場所

本編あらすじ

リョウ・セイ・スギたちグループは離島を視察する。スギ曰く離島は畜産エリアだったと予想する。セイが山に入っている最中に、ヤギを見つけて上陸したが、スピードについていけず、捕まえることが出来なかった。しかし、ニワトリという思わぬ収穫を得ることが出来た。

山羊と雄鶏の捕獲のため作戦を立て再度、離島におもむく。今回は犬(イキル)とヤギ捕獲機やネットを準備。ヤギのグループを見つけ追いこみをかけるが、イキルが猟犬のためヤギを仕留めてしまい失敗する。次にイキルの吠え声で群れを誘導し、5頭のヤギをとらえることに成功する。

離島には増えすぎたヤギが植物を食い荒らすため、深い森がなく、山が雨水を蓄えないから殆ど水が出ない。セイたちは離島には捕食者がいないため生態系のバランスが崩れていることに気づく。その調和の役割が自分たちにあると認識する。また、雄鶏(ニワトリ)も捕まえてきたので繁殖を計画する。ヤギの放牧に学校を提案するケン。

ナオが無法者に襲われているのを未然に防いだが、怒りが収まらないケンは矢で無法者を殺す。命を奪った罪悪感や重たさから悩み苦しむケンだが、スギに釣りに誘われた際に「お前は素直すぎるから見ていて面白いし、羨ましい」と励まされる。

ミキはリョウに好意を寄せていく。二人だけの素潜り漁。ミキは恋愛依存体質だから、好きにならないように気をつけているが、リョウに惹かれていき、焚き火の最中に「ずっと一緒にいるよ」と告白。しかしリョウから「どこにも生きようがねぇもんな」と言われ傷つく。

そのせいでナオに苛立ち、トモに酷い言葉を言ってしまう。つらい気持ちをカイに慰められ、自殺を誘導される。すんでのところでトモに止められる。

セイは自殺を誘導しているカイを、許さないと発言し、リョウたちはカイをグループから脱退させる。そのせいで、カイによって学校に火をつけられ、殺されかける。

カイを野放しにはできないと探索隊を募集し、探す。セイは山に狩りに行き、結果的にカイを見つけることができたが、殺せなかった。

カイはサワダのグループにリョウやセイの情報をうって合流する。「求心力のあるリーダーと優秀なハンター。この二人がいなくなれば集落は解体するだろうね」

自殺島 7―サバイバル極限ドラマ (ジェッツコミックス)

自殺島 7―サバイバル極限ドラマ (ジェッツコミックス)

 

個人的にはスギが杉村を励ますシーンが第7巻の一番好きな見所です。